ソウル基本情報 言葉は通じるの?貨幣価値はどのくらい?物価は?

ソウル観光ビギナーさんなら、まずは “韓国ってどんな国なの?”っていうことが気になりますよね?ドラマや映画で少し垣間見ることが出来るかもしれませんが、これから旅行者として知っておきたいソウル(韓国)の基本情報を、幾つかお話しして行こうと思います。

今回は、言葉と、貨幣価値についてです。

 

 

公用語は韓国語 表記はハングル

何と言っても外国ですので、まずは 言葉が問題です。 韓国の公用語は「韓国語」。

でも もし韓国語が分からなくても、日本と同じ様な感じで 英語が通じます。若い世代の人たちなら、多少の英会話までOK。食堂や店でも、英語の単語と、見ぶり手ぶりのコラボで充分いけます!

また韓国語の表記には、独自の文字である「ハングル」が使われます。

以前は 漢字も使われていて、新聞も単語は漢字で書かれていました。言葉(発音)で通じなければ、漢字を書いてコミュニケーションをとれたものでしたが、今の若い人たちは、個人的に勉強した人以外 漢字を知りません。

これは国が独自の文字だけを使おうという方針を立てた為ですが、近年は中国人観光客が多いこともあって、再び漢字教育の必要性が問われているようです。

ともあれ。

地下鉄の表示には、ハングル・英語の2つは 必ず使われていますし、観光エリアでは、漢字・カタカナ表記もあり、車内アナウンスも 日本語が聞こえます。(+英語、中国語も)

店の看板やメニューにも日本語が使われていることも多々ありますし、韓国は、日本人が旅行に行って 言葉の面で路頭に迷う可能性は非常に少ない国だ言えると思います!(おそらく世界で一番行きやすい国でしょう)

少しだけ付け加えておきますと、

例えば、空港の「インチョン」や、観光エリアとして有名な「ミョンドン」「トンデムン」はそれぞれ漢字の「仁川」「明洞」「東大門」を、韓国語読みしたものなんですね。(細かい発音の話は抜きにして)

ガイドブックに 地名が漢字で書かれていることがありますけれど、それらを日本語読みで「じんせん」「めいどう」「とうだいもん」と覚えていても…当然、そういう名前の駅はありません。

何語でアナウンスされても、地名だけは、“現地の呼び方” その物でされるので、ガイドブックに「韓国語読み=カタカナ読み」があれば、是非そちらで覚えておきましょう。

 

 

 

通貨はウォン レートは円の約1/10

 

さて、旅行する上では、どうしてもお金(予算)のことが気になります。 

韓国の通貨は「ウォン」で、「W」「KRW」と表記されます。

紙幣は、5万、1万、5千、千ウォン

小銭は、500、100、50、10ウォン があります。

“1ウォン”というのは、 計算上はあっても 実際の通貨は無くて、スーパーのレジでも 計算の最後に切り捨てられます。あ、5ウォン玉もありません。

貨幣価値(レート)は・・・う~ん。

毎日変動があるので難しいですが、 本当にざっくり言ってしまうと、日本円の10分の1くらいでしょうか。(2018年8月現在) 日本の1万円=韓国の10万ウォンです。なので 現地で10000Wの商品は、約1000円。(ウォンの表記から0を1つ取る)

市場や店の店頭には、“100000” “5000”と書かれた 服やカバンなどの呼び込み商品がたくさん並べられているので(←1000円、500円!)買う気は無くても、つい手に取ってみたくなってしまうんですよね。

外食は、一品物が 7000~10000Wくらい(約700~1000円)。焼肉で人気のサムギョプサル(豚の三枚肉)は、1人前 10000W程度(約1000円)。これは焼肉でも安い方です。その他の肉は、取り扱っている部位や、輸入か国産かで値段は全然違います。

しかしながら、焼肉店に限らずどの食堂でも、メインといっしょに出て来るおかずが どれだけでもおかわり自由なので、外食はかなりお得感ありです!

そして、交通費。これは後に改めて詳しくご紹介しますが、地下鉄も市内バスも「T-moneyカード」という交通カードを使うと、それだけで基本運賃から100W割引。地下鉄なら初乗りが 1350W→1250W(約125円)になります。

更に この交通カードを使うことで、地下鉄とバスの相互の乗り継ぎが4回まで無料になるというメリットもあり(時間制限など規定が多少ありますが) 交通費は、かなり安く済みます。

😀 便利でお得な交通カード「T-moneyの紹介」は こちらをご覧下さい☆

😀 「T-moneyの購入から払い戻しまで」使い方は こちらをご覧下さい☆

それでも全体的には、ソウルの物価は、日本と比べて決して安いとは言えないように思います。

価格帯はもちろん幅広くありますけれど、洋服や化粧品は、比較的安くて買いやすい物が多いようです。

先程もお話ししたように、ウォンの表記から0を1つ取れば だいたいの日本円の値段が分かるので、チェックしてみて下さいね。

~いかがでしょうか?

ソウルは、言葉の面で大きな心配をする必要が無く、また 交通費が比較的安いということが、旅行をする上では大きなメリットではないかな と思います♪

次回も続けて、ソウルの基本情報をお伝え致します(*^^*)

😀 車線・電圧・生水・トイレ等はこちらをご覧下さい☆

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ