ソウルのグルメにはどんな物がある?ブンシク・屋台までプチご紹介☆  

ソウル旅行に来たら、グルメは絶対にはずせません!韓国の食べ物と言うと、辛い! っていう印象が強いかと思いますけれど、実は 辛くない物もたくさんあるし、本当に多様なんです。今回は その中のほんの一部だけですが、一般的なメニューをご紹介いたします。

 

 

 

一般の食堂

 

牛、豚の焼肉(カルビ、サムギョプサル、プルコギなど)

サムギョプサル(豚の三枚肉)

トリ肉料理

タッカンマリ(鶏丸ごとの水炊き)

タッカルビ(鳥の甘辛炒め)

海鮮料理

ヘムルチㇺ(海鮮蒸し)

チゲ、スープ類

きのこスンドゥブ(おぼろ豆腐の一人用鍋)

カムジャタン(豚の背骨付き肉の鍋)

テグタン(タラ鍋)

ご飯類

石焼ビビンバ


お粥

麺類

冷麺

カルグクス

小皿料理がコースで味わえる韓定食

食べるの大好きな私としては、こうやって品目を並べて書いただけでも、ウキウキ~~~♥ ♥ ♥

韓国の食堂では、メインメニューを注文すると、おかずが何品か付いて来ます。しかもそれらは「おかわり自由」(もちろん無料!)というのが嬉しい限り(*^^*)

街なかには「○○横丁」と呼ばれる、 同じメニューを扱う店が軒を連ねる通りがあったり、「そのメニュー一品だけ」に こだわった専門店(老舗)もあったり。そんな名店の味は、是非とも味わっていただきたいです!

 

 

 

ブンシク(분식)

 

一般の食堂より安くて手軽な ブンシクと呼ばれる店があります。「粉食」と漢字で書き、主に粉物(インスタントラーメン、マンドゥなど)や、キンパ、トンカツ等、一人用メニューばかり揃ってます。

おかずは、キムチやタンムジ(黄色くて甘いたくあんに似ている)程度の簡単な物です。(セルフサービスの店が多い)

ラッポッキ(ラーメン+トッポッキ)

キンパ(韓国式海苔巻き、酢飯ではない)&マンドゥ(餃子、“蒸し”か“揚げ”で、日本のような“焼き”はありません)

スポンサーリンク

トンカツ(肉は薄い。中濃やとんかつソースよりも甘めのソース)

 

 

 

屋台

 

更に、街を歩きながら小腹が空いたら、屋台で B級グルメ も楽しめます♪屋台といったら 基本の5点セット~ティギム、トッポッキ、オデン、スンデ、コマキンパッです。

ティギム(天ぷら、手前)


トッポッキ(韓国餅の コチュジャン味の甘辛煮)

 
オデン(練り物を串に刺した物)日本の具沢山のおでんとは違います


*スンデ=春雨のような物&豚の血の腸詰
*コマキンパッ=一口でパクッと食べれるサイズのミニキンパッ(海苔巻き)

そして、ケランパン、プンオパン、フルーツの切り売りなど、軒先や道端でパクッといける おやつ類も有ります。

*ケランパン=上に目玉焼き状の卵がのったパン
*プンオパン=たい焼き(日本の物よりサイズが小さく 3~5個ずつ売る)

↓こちらは、チャプサルドノッ(もち米のドーナツ、手前右)・ハットグ(アメリカンドッグ、手前左)・ホットッ(中に溶けた黒砂糖が入ったおやつ、奥側)     

特に 連日観光客で賑わう中心街、明洞(ミョンドン)では、もっともっと食べ物の屋台の種類が豊富で、見て回るだけでも面白いです。

 

 

 

カフェ

 

ソウルには カフェもたくさん。街のいたる所にコーヒーショップのチェーン店があるし、コンセプトにテーマ性を持たせた、個性的で素敵な店も多いです。

スウィーツや ブランチセットが楽しめますし、 夏には ピンス(かき氷)も良いです。 

カフェラテ


ワッフル


ブランチセット


フルーツピンス(かき氷)日本のようなシロップのかき氷はありません

 

 

 

日本食 ファーストフード

 

日本食の店は、寿司やラーメン、うどん、居酒屋等…ちょこちょこあります。



フライドチキンやピザをはじめとしたファーストフードの店は、ど~んどん増え続けていて、バイクで配達をバンバンやってます!

基本的に ソウルの街なかなら、どこに行っても飲食店はたくさんあるので、予め食べる店を決めておかなくても、腹ペコで食堂を探して歩き回るということは ほとんどありません。

ガイドブックに載っているお店を探し回らなくても、かえって地元の人で賑わっているお店の方が、美味しくてリーズナブルだったりする場合も多いです。

また、お持ち帰り(テイクアウト)が可能な食堂も 結構あります。「ポジャン デムニダ(포장 됩니다)」と書いてあればOK!ホテルに持って帰って食べることも出来ますね。

…ソウル(韓国)の食べ物って、野菜がたくさん使われているし “身体にいい~” っていう感じがするんですよね。

私は 食べ物自体も好きですけれど、食堂のアジュンマ(おばさん)が、店の隅っこで大量のネギやニンニクの皮を剥いで せっせと準備してる姿とか、店員さんたちのまかないの時間になると、お客さんがいても、店のテーブルに集まってご飯を食べているだとか(もちろん時間をずらしているし、全部の店がそうではないけれど)

そんな、かしこまり過ぎてない姿を見るのが、何故か好きなんです。~家の延長みたいな感じがするからかしら?! (日本の飲食店では有り得ない?)

ソウルでは是非々々「本場の味」のみならず現地の「雰囲気」まで存分に味わってみてほしいと思います。 

いろいろ試して、お気に入りの食べ物と、良いお店を見つけて下さい(*^^*)

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ