ソウルでスマホを紛失 携帯以外で韓国国内通話をする方法は?

前回は、ソウルでスマホを紛失した等、携帯電話が使えない状況で「国際電話」を掛ける手段についてお話ししました。

しかしながら、すぐに置き忘れたと思う所に連絡したい、各交通機関の遺失物センターに問い合わせたい、または 助けを求めるのに韓国語が分かる友達に連絡したい…等々、韓国国内に連絡する必要も多々あると思うんです。

そこで今回は、携帯電話以外で「国内通話」をする方法をお話ししようと思います。

 

 

 

公衆電話を利用

 

まず思い付くのは、公衆電話の利用かと思います。

①小銭で掛ける(10,50,100W玉)

通話中に小銭が切れてしまわないように注意が必要です。おつりは、100W入れて70Wしか使わなかったとしても30Wは出て来ません。100W+50Wを入れて70W通話した場合は、50Wだけ戻って来ます。

通話料金は以下のようになっています。

 

市内通話 3分 70W
携帯電話へ 36秒 70W

 

②T-moneyカードで掛ける(T-money対応電話機のみ)

受話器を上げてから、電話機の下部にある カードの接続部に、表面を上(磁気部分が下)にして置き 通話の間中置いておけばOK。

③「コレクトコール」(콜렉트 콜) を掛ける

公衆電話ボックス内に貼ってある利用方法に “携帯電話が無い時” ということで、説明が書かれています。

最初に「緊急電話」(긴급통화、キングットンファ)ボタンを押すと、通話が可能になります。(ボタン自体が赤いか、赤字で書かれています)

次に「コレクトコール番号」のうちどれかを押します。( )内は通信会社名

1541(KT)
1595(SKブロードバンド)
1633(LG)
1682(SKテルリンク)
1677(セジョンテレコム)

その後、相手の番号(固定電話、携帯電話)を押せばOK。

④「受信者負担通話」(수신자부담통화、スシンジャブタムトンファ)のボタンから掛ける(コレクトコールになる)

まず「緊急通話」(긴급통화) ボタンを押してから、このボタンを押します。次に、相手の電話番号を入れればOK。

韓国の公衆電話は、カード専用、カードと小銭が使える、国際電話が使える/使えない、T-moneyが使える/使えない…等々、形態がいろいろあります。

が、街で見るのは、この3タイプのようです。電話ボックスを見かけるたびチェックしました。1ヶ所に2タイプ以上の電話機が設置されていることが多いです。

小銭・T-moneyカード対応

信用カードのみ対応(T-moneyカード挿入不可)

小銭・T-moneyカード対応 

3番目の電話機は、言語選択も出来るし「受信者負担通話」のボタンも有り。このタイプは 電話機の上にT-moneyカードを置く所がありますが、挿入口に挿し込んでも使えました。


T-moneyカードを挿し込む場合は、磁気の面を上にし(日本と逆)、取り出す時は、すぐ左横にある小さいボタンを押します。

スポンサーリンク

これは付け加えになりますが、韓国の公衆電話って・・・

結構、電話機が不具合なことが多いんです。

小銭を入れてもすぐ返却口から出て来てしまう、カードを挿入出来ない、番号を押す以前からアナウンスが入る(“ボタンを押すのが遅い” とか意味不明な)・・・等々。

ですので、持っているカードの残高不足や、カードの挿入面が逆とかでない限り、もし1つの電話機で掛けられなくても諦めずに、他の電話機をいくつか試すことをお勧めします!

 

 

 

宿泊所の電話を利用

 

ホテルに戻り、客室の電話で掛ける時間があれば 利用出来ますね。でも、ゲストハウス等 客室に備え付けの電話が無い宿泊所もあると思うんです。

その場合は、宿泊所の固定電話を使わせてもらえないか、頼んでみましょう。もしかしたら スタッフが個人の電話を貸してくれることもあるかもしれません。(電話料金プランは 定額制がほとんどなので)

ちなみにですが、ごくまれに街なかで “ちょっと電話貸してもらえませんか” と言われることがあります。バッテリーが切れてしまい連絡できなくて困っている等の理由でです。(もちろん貸して差し上げます)

韓国の人って、そういう時 親切に助けてくれることが多いですから、本当に困ってしまったら、勇気を出して助けを求めてみるのも方法です。

 

 

 

KDDIグローバルダイレクト

 

前回、国際電話の項目でも触れたサービスです。もう一度 改めてご紹介しますと、このKDDIのサービスは、日本発行のクレジットカードを使って、固定電話、携帯電話、公衆電話から 掛けることが出来ます。

公衆電話から掛ける場合には、まず「緊急通話」(긴급통화、キングットンファ)ボタンを押してから始めます。

韓国国内どおし・日本へ・日本以外の外国への通話も可能。

予め手続きをしておく必要は無く、料金は後払いです。

アクセス番号は、下の表の中の2つ(印)


00791-8101
00309-818

どちらかのアクセス番号から繋がる場合のみ、使用可能です。(使う通信会社や地域によって 状況が異なるそうです)

使い方は、以下のとおり。


「KDDIスーパージャパンダイレクト」のアクセス番号からスタートし、「クレジットカード番号」「暗証番号」を入力した後「相手の番号」。

通話料金は、固定・携帯・公衆のどれで掛け、固定・携帯のどちらで受けたとしても、全て同一料金です。

単位は円

    最初の1分まで(6秒毎) 1分から(6秒毎)
平日  8:00~19:00 15.6 14.4
平日 19:00~23:00 12 12
休日  8:00~23:00 12 12
深夜 23:00~ 8:00 10.8 10.8

↑一番高い平日の昼間だと、1分 156円になりますね(汗)便利かなと思って調べたけれど、料金を見てビックリ!

一応、本当に緊急事態の時には こういう方法もある、ということでお願いいたします。

~いかがでしょうか。

私はスマホをバスに置き忘れてしまった時に、初めてT-moneyカードで公衆電話を掛けられる事を知りました(^^;)(お陰様で スマホは無事戻って来ました)

また、公衆電話もいろいろな使い方があるんだなと。

兎にも角にも、持って来たスマホ(携帯電話)を 失くさないように注意することが一番重要ですけれど、万一の時のための対処法と連絡先は、是非是非しっかり知っておきたいですね!

よろしかったら合わせてお読み下さい。
😀 「ソウルでスマホを紛失 携帯以外で国際電話を掛ける方法は?」

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ