ソウルの主なショッピングエリアは?営業時間帯も違います☆

ソウル旅行の楽しみの1つに、ショッピングがあります。ソウルはどの地域に行っても いろいろな物が売っていますが、エリアによってある程度、取り扱っている商品が決まっていたりもするんです。

それが分かっていれば 効率良くショッピングすることが出来るので、ショッピングエリアをご紹介して行こうと思います。

 

 

 

欲しい物別 ショッピングエリア

 

1.食材(韓国のり、キムチ、コチュジャン、菓子等のおみやげ)

→南大門(ナンデムン)市場なら、一通りの韓国食材が揃います。

→スーパー、マート、デパ地下、コンビニには、お菓子や加工食品も有り

日本語でもしっかり宣伝^^

南大門市場の店舗は 通りを歩きながらでも沢山ありますが、ビルの中に入ってみると、洋服が所狭しと掛かり、積み上がって売られています。洋服以外にも、卸売り用の小物類が、ビルのワンフロア全面に広がっていたりして一見の価値があるのではと思います。


アクセサリーの “パーツ” 卸し店が並んでいます

日中、市場内で食事も楽しめます♪ 呼び込みも盛んで 地元色満点!

スーパーのコチュジャン売場

2.伝統雑貨(財布・キーホルダー等の小物、置物、韓紙、陶器など)

→仁寺洞(インサドン)

みやげ物店で買うと、プレゼント用に素敵に包装してくれます。

3.手ごろな服(カジュアルウェア、ファッション小物、皮革製品など)

→東大門(トンデムン)なら、朝まで買い物が楽しめます。

→南大門は、東大門市場よりも、少々年齢が高めの方向けの服が多いです。

→弘大(ホンデ)エリアにも、若者向けのカジュアルが沢山ありますよ。

4.おしゃれな服(オリジナルブランドの服、値段は高めでも洗練された服)

→明洞(ミョンドン)

→ロデオ通り

5.プチプラ化粧品

→明洞では、各種メーカーが軒を連ね、店頭で女性店員さんたちの呼び込みが盛ん!外国人だとわかると、中国語で話し掛けられます(^^;)

→街なかの地下鉄駅の近くや構内には、大抵何かしらのチェーン店があります。

6.ブランド物

→免税店(空港、街なかにもあります)バーゲンをやることもあるので要チェック!

ドゥ―タ免税店(東大門)

※ここで「コンビニ」についてちょっと一言※

簡単な食品を買うのに、コンビニは マートに比べて割高感があります。でも 韓国のマートって、大口で売っている物が多くて “こんなに要らないんだけど…” みたいな状況にもなるんですね。

ですが コンビニならば、同じ物でも1つ1つが小さいので、ばらまき土産用に良かったり、人気キャラクターとの独自の “コラボ商品” (=そこでしか買えない!)を出していたりするので、旅行での利用価値はあると思うんです。是非立ち寄ってみて下さい。

スポンサーリンク

 ・・・以上、大まかではありますが、主なショッピングエリアでした。

そして、それぞれに営業時間帯があるので、時間をうまく活用して下さい。

 

 

 

ショッピングエリア別 営業時間帯

 

上のご紹介で出て来た順です。

南大門市場 →10時~19時が目安。市場と言う割には、普通の時間帯です。南大門市場のみならず 在来市場は、日曜日・祝祭日は休みの店舗が多く、旧正月と秋夕には連休を取るので注意が必要です。

スーパーや大型マート →10時~24時と、意外と遅くまで営業しています。大型マートは、第2・4日曜日休業。

 デパート →10時~20時位。デパ地下(食品売場)は夕方以降に人が多い。

コンビニ →24時間営業。街中にたくさんあります。大手は下の3店。(セブンイレブン、CU、GS25)




仁寺洞  →昼過ぎから屋台もたくさん出て、賑わい始めます。

東大門市場 →昼間はもちろん、夜9時以降になると仕入れの人たちが集まって ますます活気を増して行きます。朝まで営業。まさに「眠らない街」~~ 総合市場は日曜休み(店舗による)で、旧正月・秋夕にはファッションビルも連休を取ります。

弘大エリア →昼間から、夜12時くらいまで。

明洞  →昼前までは割と静か。昼時にランチを食べる人が出始めます。夕方以降がピークで、屋台も出て大盛況!夜12時くらいまで。

ロデオ通り →午後から人が出始めます。

免税店  →空港7時~21時位。街なか9時~21時位。営業時間内は、ゆったりショッピングが楽しめます。年中無休です。

そして オマケになりますが、今までご紹介したような「エリア」以外にも、街なかにちょこちょこ「ショッピングスポット」があるんです!

屋台  →Tシャツ、靴下、アクセサリー等 掘出し物を見つけられるかも。値段交渉してみても楽しいです。“○個買うからディスカウントしてぇ~” とか(^^)b ですネッ♪

地下商店街 →地下鉄の改札付近や、そこからつながる商店街。洋服や小物などの店舗が軒を連ねていて、お値段も手頃です。

地下商店街は、お天気に関係なく楽しめるので便利。値段交渉も可能です。大きい地下商店街としては、明洞地下街、GOTOモール(高速ターミナル地下)、鍾路の広蔵(クァンジャン)市場の地下 …等があります。

地下商店街は 地下鉄駅につながる通路を兼ねているので、ファッションビルより整然としています。

ともかくソウルは、飲食店も含めて 街のどのエリアにも店がいっぱいです!どうぞ、思う存分 ショッピングを楽しまれて下さい(*^^*)

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ