ソウル旅行~宿泊所にはどんなタイプがある?選ぶ時のポイントは?

ソウル旅行のプランニング~航空券が購入出来たら、次は、その日程に合わせて宿泊所選びです。

ツアーに申し込んだ場合は ある程度の基準以上のホテルがパックになっていることが多いですが、今回は、旅行者が利用可能な いろいろなタイプの宿泊所をご紹介しようと思います。

 

 

 

宿泊施設の種類

 

♦観光ホテル♦

入口に 韓国の国花「ムクゲ」のマークが表示されていて、その数によって等級化されています。(特1級・特2級が5個、1級4個、2級3個、3級2個)

♦一般ホテル♦

等級表示は無し。小規模であっても、観光ホテルと比べて遜色無いレベルのホテルが増えています。

♦旅 館♦

温泉マークがシンボルで、ホテルより下級の位置付け。素泊まりが基本です。

♦モーテル♦

宿泊所として利用出来ます。

♦ゲストハウス♦

外国人客が主体です。規模は様々ですが、宿泊者同士やオーナーさん、スタッフと交流を楽しんだりも出来ます。ドミトリー(大部屋)タイプ、個室も有り。

😉 ソウル市公式観光サイト HP(ソウルステイ) ゲストハウスが多数紹介されています。予約可能。


スポンサーリンク

♦レジデンスホテル♦

基本的にキッチンが付いていて 料理が出来たり、洗濯機があったり等、自分の家のように過ごすことが出来るのが特徴です。家族や友達同士など、複数人で利用するのにもグー。寝室の他に、皆でくつろげる共用空間があります。

 😉 Airbnb HP レジデンスホテルをはじめ様々なタイプの宿泊所の予約が可能。「場所」にソウルと入れればOKです!

♦民 泊♦

ソウル市民の自宅の空き部屋を活用した、体験型宿泊施設。

😉 韓国観光公社 HP(コリアステイ) ホームステイやホストのいるゲストハウスの予約(ホテルも有り)

♦テンプルステイ♦

伝統寺院に泊まりながら、文化体験が出来るプログラムです。

😉 テンプルステイ HP (韓国語・英語)

このように、ホテル以外にも いろいろなタイプの宿泊所があります。

この中でもいわゆる “安宿” に泊まる場合は注意が必要です。旅館やゲストハウスは 宿泊費は安いことが多いですが、水回りや部屋の清潔度が 必ずしも充分とは限りません。入浴・洗面用具も 揃っていないと思っていた方が良いです。

また ゲストハウスは、他の宿泊者やオーナーさんとの交流を煩わしく思うなら不向きですし、特にドミトリータイプは避けるべきでしょう。

でも一口にゲストハウス・民泊と言っても スタイルは本当に多様なので、予約の前後でよく確かめることが必要です。

予算(節約)を考える余り 不快な思いをしたり、よく休めず疲れてしまったらせっかくの旅行が台無しになってしまうので、よく考え合わせてみて下さいね。

参考までに、こちらのサイトをご紹介いたします。宿泊所の予約サイトを比較して、同じ部屋でも “最安値” のサイトを示してくれているので便利です。ご利用されてみて下さい。(詳細は、各予約サイトで要確認とのこと) 😉 Trivago(トリバゴ)

 

余談になりますが…もし、何かの事情でほんの短い時間横になりたいということであれば、「チムジルバン」を考えてみても良いかもしれません。チムジルバンは宿泊施設ではありませんが、“韓国版健康ランド” で予約も要らず、24時間営業がほとんどです。10000W程度で利用出来、風呂・サウナ・休憩所(横になれる場所)があります。ご参考までに。

 

 

 

ロケーションを考慮しましょう

宿泊所を決めるに当たって 予算を考るのは勿論、ロケーションも 旅の満足度に影響します。

豪華なホテルでも、辺りに何も無かったり、地下鉄の駅から離れている等交通が不便だったりすると、ちょっと残念ではないでしょうか。

反面、明洞(ミョンドン)や東大門(トンデムン)のように夜遅くまで賑わっているエリアなら、一日何処かに出掛けてホテルに戻った後からでも、更に、街歩きやショッピングを楽しむことが出来ます。日中 近場でショッピングした物をホテルに置いて、また出直したりもOK。

旅の拠点となる宿は大切ですね。特にソウル旅行ビギナーさんには、交通が便利な場所に取ることをお勧めします。

 

 

 

宿泊所は予約が基本です

 

観光ホテルや一般ホテルは 予約をするのが基本で、当日直接行っても部屋が無い場合があります。

旅館やモーテルは 一区域に集まっていることが多いので、当日直接訪問して、希望する宿が満室でもすぐに近くで探すことが可能です。

ゲストハウスは、一般的に部屋数が少ないのと、長期宿泊者やリピーターが多いのでやはり予め予約しておいた方が確実。特に夏は、ゲストハウスはシーズン中ずっと繁忙期です。

ホンデ(弘大)エリアにある宿泊施設(コシテルといいます)を運営してる韓国人の知人がいるのですが、そこは現地人専用であるにもかかわらず、夏になるとよく外国人観光客が飛び込みで “泊めてほしい” と来るそうです。泊まる部屋が無いので歩き回っているんですね。

宿泊所は、上で↑ご紹介した Trivago内に出て来る各サイトや、旅行会社のサイトからも探して 予約することが出来ます。どこで予約するかで何かのポイントやマイレージを加算出来ることもあるので、それも考慮に入れる余地があるかもしれません。

予算、ロケーション、そして施設的にも、満足できる宿が見つかるといいですね。

 

 

 

🙂 実際に泊まったゲストハウス&ホステル(4ヶ所)の口コミはこちら☆

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ