日本出国☆出国審査からソウルの空港到着後の手順は?免税範囲にもご注意!

前回までに、チェックインカウンターでの手続きと、手荷物の規定についてお話ししました。チェックインが終わったら、次はいよいよ 出国審査に向かいます。

出国フロア内にに大きく「出国」「出発」「国際線搭乗」と書かれた場所があるので(空港によって違う)、そこを目指しましょう。混雑時には、中に入り切れず 外まで行列になっていることも多いです。

ここ以降は、パスポートと搭乗券を持っている人だけが入れるエリアなので、もし見送りの方がいらっしゃれば、ここでお別れとなります(^o^)/ 今回は、ソウルの空港に到着した後までの手順をご案内いたしますね。

 

 

 

日本出国までの流れ

 

1.パスポートと搭乗券を見せて、出国エリアに入る

2.手荷物検査、ボディチェックを受ける

機内持込み荷物(キャリーケース等)は、そのまま検査台に置く

準備されているカゴに入れる物は

・上着、帽子
・ポケットの中の物
・スマホ、携帯電話
・パソコン
・靴(警戒体制の時などは指示がある)

そして 荷物がモニターでチェックされている間に、ボディチェックを受けます。係官の指示に従って下さい。

さてここで、機内に持ち込んではいけない物を持っていると必ず発覚します!ボディチェックを通って来た後に、カバンを開けるように指示され、荷物を確認後、「破棄(没収)」か「預け入れ荷物にする」かの選択になります。(注:爆発の危険性のある物に関しては、即没収です)

預け入れる場合は、もう一度 チェックインカウンターまで戻ることになります。チェックイン時に預けたカバンがあったとしても、わざわざそのカバンを戻して来て中に入れるのでは無く、その一品だけについて 新たにバゲージクレームタグを受け取ればいいのですが、いずれにしても時間がもったいないですね。

とにかく 知らなかっただとか、いくら事情を説明しても ダメなものはダメ!この規定がスタートしたのは、テロの危険を防ぐ為ですので、そのまま通してもらえることは絶対にありません。

3.出国審査

次は、審査官のいるブースに進み、審査官に「パスポート」と「搭乗券」を提出します。スムーズな審査の妨げになる為、パスポートに余計な物を挟んだり、カバーを付けたりしないようにしましょう。

問題が無ければ、パスポートに 出国スタンプ(出国の日付入り)が押されます。

4.搭乗エリア(免税エリア)へ

出国審査が終わった後からは、免税エリアになります。免税店でショッピングを楽しめますし、普通の商品も 免税になるので安く買えます。

ただし以下の物は、韓国に入国する時点での免税範囲があるので気を付けて下さい。

(2017年7月6日現在の税関申告書より)

酒類 1本(1L以下で、US$400以下)
タバコ 200本
香水 60ml
その他の物品 US$600以下(本人使用、お土産用、携行品)

この数量以上持ち込むと、課税の対象になってしまいます。その他の細かい品目は、税関申告書に記載されています。

搭乗券に書かれている「搭乗ゲート番号」「搭乗時間」を予めよく見ておき、絶対に時間に遅れないようにしましょう。LCCの場合は 搭乗ゲートが遠い場合も多いので、予めゲートの位置を確かめた後に残った時間でゆっくりすることをお勧めします。

5.機内にて

「韓国の入国カード」と「税関申告書」を記入しておきます。

客室乗務員が配布してくれるので、日本語のカードをもらいましょう。ペンは予め、すぐ出しやすい所に入れておくのがいいですね。

 

 

 

ソウルの空港到着後の流れ

 

1.検疫

ソウルで飛行機から降りたら、まず最初に通過するのが検疫ですが、日本からの到着便では チェック不要(素通り)です。

通過者の体温をセンサーで測っていることもあったり、インフルエンザの流行時や特別な場合のみ検疫質問書の提出が必要になります。

2.入国審査

日本での出国審査の時のようなブースがあり、外国人・内国人(韓国人)・乗務員 と分かれているので、“外国人”の列に並びます。人が多く流れて行くからと、韓国人用の方に付いて行かないようにして下さいね。

審査官に「パスポート」と「入国カード」を提出します。

また、左右の人差し指の指紋を取る機械に、指を当てるよう指示されます。短期旅行での入国なら、通常何の問題も無く審査を通過し、パスポートに 入国スタンプ(在留許可期限入り)が押されます。

3.荷物のピックアップ

預けた荷物がある場合には、搭乗便名が表示されたターンテーブルに行き、出て来る荷物をピックアップします。取り間違いに注意して、念の為 バゲージクレームタグ(日本のチェックインカウンターで受け取った)の荷物番号で、自分の物であることを確認して下さい。

万一 破損や紛失などのトラブルがあった場合は、バゲージクレームタグを持って、苦情処理窓口に申し出ます。

4.税関

申告する物が無い場合は 緑色(免税)、有る場合は 赤色(課税)に進みます。

「パスポート」と「税関申告書」を 係官に渡します。緑の場合は、パスポートだけ受け取り そのまま通過。赤の場合は、必要な処置を受けて下さい。

~~さて~~

税関を抜けて 出口を出ると、そこは ソウルの空港の到着フロア!!

お出迎えの人たちが、出口の方をじぃーーっと見ながら立っています。もうパスポートは必要ないので、しっかりカバンに入れておきましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ