韓国出国時 仁川空港はセルフチェックインで☆免税範囲にもご注意

Pocket

今回は、韓国を出国して 日本の空港到着までの流れをお話ししていきます。

 

海外からの旅行者が多く利用する仁川空港では、日本便はほぼセルフチェックインになっています。金浦空港ではカウンターでのチェックインも行われますので、両方について説明いたします。

 

 

セルフチェックイン&手荷物委託

 

ちょっと余談になりますが、実は仁川空港は 世界で最も優秀な空港なんです。これ、決して大げさな話ではなく「空港サービス評価」で、2005年から12年連続世界第1位 に輝いているんですよ!

ガラスが光って見にくいですが「12年連続 世界1位」と

ピョンチャン(平昌)オリンピックに照準を合わせ、2018年1月18日には いよいよ第2ターミナルも公式開港します。

さて、そんな仁川空港。チェックインサービス1つ取ってもとてもスムーズです。搭乗時間の1時間前まで、セルフチェックインが出来ます。

チャックインカウンターに人が並んでいるのも見るので、全ての便がサービス対象ではなさそうですが、日本便はほぼ大丈夫のようです。人が一度に集まらない為、私も今まで行列に並んだことがありません。

1.まず搭乗する航空会社のチェックインエリア(A,B,C…で表示)が何処かを、案内板で確認します。

2.セルフチェックインの機械でチェックインします。このような画面ですが 最初に「日本語」を選択すれば簡単に操作出来ます。


「必ず本人が手続きしなければならない」との注意があります。パスポートを準備し、予約したe-チケットの内容を見ながら進めて下さい。座席も選べます。

3.荷物を預けるのもセルフ。近くにヘルパーがいてくれます。

スポンサーリンク

※この後の流れは「チェックインカウンターで手続き」の4番と同じになります。

 

 

チェックインカウンターで手続き

 

金浦空港でのチェックインは、日本を出国する時と同じです。

韓国出発当日は、遅くとも搭乗時間の2時間前までに、空港の出国フロアに到着必須です。送迎サービス付きのツアーに参加して来た場合は、ホテルでのピックアップ時間を必ず守るようにしましょう。2時間前から、チェックインカウンターがオープンします。

1.案内板で、搭乗する航空便のチェックインカウンターを確認する

2.チェックインする。パスポートとe-チケット控えが必要

3.必要なら手荷物を預ける

==ここからはセルフチェックインも同じ==

もしも食事の必要があり、且つ時間もあるなら、この時点で食事をしても良いかもしれません。仁川空港は、4階の食堂街が充実していますし、地下1階にも広いフードコートがあります。金浦空港は、搭乗フロアに入った後は、カフェ1軒とキンパ等の軽食の店1軒しかありません。

【追記】2017年、金浦空港の搭乗フロアに、食事も出来る「SKY HUB LOUNGE」がオープンしました。使用料金は39ドル。私が空港を利用した11月28日現在、オープン記念イベントで20000ウォンで利用出来るようになっていました。(期限は明記されていませんでした)今まで工事中だったようで、ラウンジの出来た方側に免税品の受け取り場等、フロアが広々と広がっていました。

必要ならばこの間に、銀行で ウォン→円への再両替も可能です。

4.出国フロア内にある出国ゲートから入り、出国審査を受ける

手荷物チェック、ボディチェックを受けた後、係官のいる審査ブースへ(日本出国時の繰り返しになるので 詳しい内容は省略させて頂きますね)
😀 詳しくは こちらの記事をご覧下さい☆

ちなみに2016年11月1日より、韓国出国の際 パスポートに「出国スタンプ」を押さなくなりました。私は初めての時 “あれっ?スタンプが無い!” と心配になって聞きに行ったのですが、そのように変わったとのことです。

5.免税エリアに入るので、再びショッピングを楽しむことも出来ます

 

ただし以下の物は、日本に持ち込める免税範囲に注意して下さい。(韓国に入国する時と少し違います)

 

酒類 3本(1本760ml程度の物)
タバコ 日本国産、外国産 各200本
香水 56ml(2オンス)
その他 海外市価の合計が20万円を超えない物(個人使用の物品のみ)20万円を超えると、超えた分だけでなく全額課税対象になります(2017年7月4日現在の 税関申告書で確認)

6.搭乗時間前までに、必ず搭乗ゲート前で待機(出発の30分前)

特にLCC(格安航空会社)は、モノレールやバスに乗って行くような遠い場所の場合もあるので、搭乗フロアに入ったらまず最初に、搭乗ゲートの位置を確認しておきましょう。

<機内にて>
「携帯品・別送品申告書」(税関申告書)のみ記入 します。
日本人にとっては、帰国になるので「入国カード」は不要。周りの人(韓国人や他の外国人)が書いているからと焦らないで大丈夫です。

 

 

日本の空港到着後

1.検疫を通る(特に問題無ければ素通り)

2.入国審査ブースにて、審査官にスタンプを押してもらう
  「日本人用」と「外国人用」に分かれています。人がたくさん行くからと、外国人用の列に流れて行かないように。

3.航空便の表示があるターンテーブルで、荷物をピックアップする

4.税関を通る
 申告すべき物が無ければ「緑」(免税)の検査台、申告する物がある、または わからない時は「赤」(課税)の検査台へ進みます。

ここまでで、入国の手続き全て完了~~!! です。

税関を通過した後は、日本の空港の「到着ロビー」♥♥ ドアの向こうには、お出迎えの方が待っているかな(#^^#)

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ