ソウルの公共交通 T-moneyカードを使うとこんなにお得で便利!

ソウル市内の公共交通手段には、地下鉄・バス・タクシーがありますが、それらを利用する以前に1つ、どうしても知っておいてほしい物があるので、まずそれをご紹介します!

それは「T-money」「T-moneyカード」呼ばれる プリペイド式交通カードです。(単に「交通カード」とも言います)

カードを購入して、予め使用金額をチャージしておくだけで、ソウルの地下鉄やバスの乗り降りがワンタッチで出来てしまうので、いちいち運賃の確認をしなくて済むし、小銭の心配もしなくてOK。

では具体的に、T-moneyのメリットをお話していきますね。

 

 

使うだけで基本運賃が割引になります

「基本運賃」とは、現金で支払う場合の金額です。その金額が、T-moneyカードを使うだけで100W割引 になるんです。

♦ 地下鉄 ♦(一般、満19歳以上)

 

基本運賃 T-money使用時
1350W 1250W

走行距離10km未満は、基本運賃で乗れます。
5kmごとに100W加算。
新盆唐線(シンブンダンソン)だけは、運賃体系が異なります。

♦ バ ス ♦(一般、満19歳以上)

 

バスの種類 基本運賃(W) T-money使用時(W)
ブルーバス (幹線) 1300 1200
グリーンバス(支線) 1300 1200
イエローバス(循環) 1200 1100
マウルバス (近距離) 1000  900
レッドバス(広域) 2400 2300

 

 

「タクシー」「空港リムジンバス」も、運賃割引にはなりませんが、T-moneyで 支払うことが出来ます。 

 

 

乗り換え時に基本運賃が持ち越されます

現金だと、地下鉄やバスに乗車するたびに 基本運賃が必要です。でもT-moneyカードを使うと 基本運賃が持ち越されるという、信じられないサービスがあるんです!

【 利用条件 】

1.地下鉄→バス、バス→地下鉄、バス→違う番号のバス の乗り換えで可能

地下鉄→地下鉄、同じ番号のバスに続けて乗る場合は サービス対象外です。(この場合は、再度基本運賃が必要)

2.乗り換え4回まで 可能

 <例>

乗車順序 乗り換え回数
バスA  
地下鉄A
バスB
違う番号のバスC
地下鉄B

基本運賃は、バスAに乗車する時払うだけで、最後の地下鉄Bまで不要です。(走行距離が10kmを超えた場合の、追加料金のみ加算される)

スポンサーリンク

最後の地下鉄Bを降りた後は、再び基本運賃から支払います。

地下鉄の「乗り換え駅」で、違う番号の地下鉄に乗り換える場合はここで言う乗り換えとは違います。(下車して改札を出るまでが1乗車!)また一部の駅に「乗換え改札」がありますが、それも下車扱いにはなりません。

3.下車から次の乗車までの時間制限があります

 

時間帯 制限時間
 7:00~21:00 30分以内
21:00~翌7:00 60分以内

上の(↑)2で挙げた例でも、どこかで30分以上(夜間60分以上)過ぎてしまった場合には、次の乗車時に、基本運賃を払わなければなりません。でも通常ソウル市内なら、どの地下鉄もバスも30分以上も待たなければ乗れないということはほとんど無いと思います。

 

 

交通費以外にもいろいろ使えます

コンビニ、コスメ店、マート等で買い物(加盟店に限ります)

公衆電話(電話カードとして使えます)

駅のコインロッカーの料金支払い

駅ホームにある自動販売機

募金も出来ます

更にT-moneyカード購入時、観光スポットの入場料の割引クーポンが入っていたり(3000Wカード)、外国人専用で免税店でのサービスが受けられる等の特典付きカード(4000W)を選ぶことも出来ます♪

😀 外国人専用「コリアツアーカード」の紹介記事はこちらです☆

ソウル観光を楽しむのに、T-moneyカードが有るのと無いのとでは、雲泥の差があるのではないでしょうか?

もちろん 旅行者も買うことが出来ますので、次回は、T-moneyカードの購入から お話ししたいと思います。

😀 「T-moneyカード」の購入から払い戻し&使い方は こちらをご覧下さい☆

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ