ソウルのタクシーの乗り方~種類と各料金は?万一トラブルに遭ったら?

ソウルの公共交通、今回はタクシーについてお話しします。

外国でタクシーに乗るとなると、便利なのは分かっていても ちょっと構えてしまう感じでしょうか。言葉が通じないので間違った所に行ってしまったり、貨幣価値の感覚がピンと来ないのにつけ込まれて、知らずに法外な料金を払わされたりとか…。

 

大きな声では言えませんが……私がソウルに来始めた25年以上前には、ソウルでもそういうことが よくありました…。何気にメーターを止めてしまったり、故障してるとか言ったり、わざと遠回りをして行ったり…等です。

でも韓国も急激に国際化が進んで、世界中から外国人観光客が訪れるようになり、外国人対象のぼっ○くり問題が深刻に取り上げられたため、今現在は よく改善されたと言える状態だと思います。(でもゼロではない…涙)

ともかく そういう心配さえ無ければ、目的地まで正に “ドア to ドア!” ソウルの地理が分からなくたって道に迷うことも無いし、旅行中の交通手段として こんなに便利な物はありません。しかも 街中をビュンビュン 本当にたくさん走っていますからね~(正直もうちょっと減らしてもいいんじゃない?って思うくらい)

それでは、そんなタクシーについてです!

 

 

 

タクシーの種類

まず ソウル市内で利用するタクシーは、大きく4つに分類することが出来ます。それぞれの料金体系も合わせてご紹介します。

A.一般タクシー(白、シルバー、オレンジの中型車)

 

 

基本料金 2kmまで 3000W
加算料金 142mまたは35秒ごと 100W
(時間料金は15km/時間以下の場合に適用)
ソウル市外行き料金 20%割増
(行先によっては拒否されることも有り)
深夜料金 20%割増
深夜料金適用時間 24:00~4:00
電話での呼び出し料金 1000W(4:00~24:00)
2000W(24:00~4:00)

以下に「ソウル市管轄のコールタクシー会社」 の電話番号を掲載しておきます。 日本語は通じないので、ホテルのスタッフや店の人に呼んでもらうと良いですね。24時間利用可能です。

 

ナビコール 1599-8255(模範タクシー有り)
Kタクシー 1577-9977(模範タクシー有り)
Nコール 1688-2255

コール料金

タクシー料金 コール料金
 9000W未満  1000W
 9000W以上  コール料金込みでタクシー料金10000W
 10000W以上  無し

B.模範タクシー(黒 2000ccクラス大型車 車体に金色の帯)

 

 

基本料金 3kmまで 5000W
加算料金 164m または 39秒ごと 200W
ソウル市外行き料金 無し
深夜料金 無し

 

呼び出し電話番号

ナビコール 1599-8255
Kタクシー 1577-9977
インターナショナルタクシー 1644-2255(日本語可)

一般タクシーに比べると料金は多少割高ですが、サービスと安心の面ではお勧めです。インターナショナルタクシーは 電話で日本語が通じますが、利用24時間前に予約が必須となっています。

C.大型タクシー(黒 車体に金色の帯、 最大8人乗り)

 

料金体系その他は、模範タクシーと同じです。

基本料金 3kmまで 5000W
加算料金 164m または 39秒ごと 200W
ソウル市外行き料金 無し
深夜料金 無し

 

呼び出し電話番号

ナビコール 1599-8255
Kタクシー 1577-9977
インターナショナルタクシー 1644-2255(日本語可)

人数が多い または 荷物が大きい場合に利用出来ます。流しはしていないので、呼び出しか 予約が必要です。

夜遅い時間に近づいて来て 料金を口で交渉し(メーター不使用)降車時に不当な理由を加えて 更に割増料金を払わせる、いわゆる「不法コールバン」は、このタイプのタクシーを装うそうです。正規の物は、流しはしていない、しっかりした料金体系がある、市外行きや深夜の割増料金は発生しない等、しっかりおぼえておきましょう。

D. インターナショナルタクシー

 

このタクシーの運転手は 車体に貼られたステッカーにある言語を話すことが出来ます。(英語、日本語、中国語のうちのどれか)車種は3種類あり、それぞれ車体の色とサイドの帯の色が決まっています。ボンネットに「International Taxi」のロゴも有り。

 

中(大)型車 オレンジの車体に黒のステッカー


この時見たインターナショナルタクシーは、中型の色ですがサイズが大きかったです。

料金は 一般タクシーの20%割増

スポンサーリンク
基本料金 2kmまで 3600W
加算料金 142m または 35秒ごと 120W
ソウル市外行き料金 別途メーター料金制
深夜料金 無し

 

 

②模範タクシー 黒の車体にオレンジのステッカー

 

③ジャンボタクシー 黒の車体にオレンジのステッカー

 

模範タクシーと大型タクシーの料金は同じです。

基本料金 3kmまで 5000W
加算料金 164m または 39秒ごと 200W
ソウル市外行き料金 別途メーター料金制
深夜料金 無し

 

 

インターナショナルタクシーの料金体系は、以下のようになっています。

メーター料金制→ ソウル市内と金浦空港間、各空港からソウル市外への地域への運行など

エリア別定額制→ ソウル市内と仁川空港間

定額貸切サービス→ 時間決めで定額貸切が可能

いずれも利用の24時間前までに 予約が必要 です。電話番号:1644-2255(日本語可)

 😉 ホームページは →こちらです☆(右上の言語選択を「日本語」に替えられます。ページ上のタグ “Service”で料金一覧、“Book”で予約フォームが開きます)

 😀 インターナショナルタクシーに関して記事を書きました。宜しかったらご覧下さい☆

 

 

 

タクシーの乗り方 inソウル

 

タクシーの利用の仕方は日本とほとんど同じですが、一応注意点などを挙げておきます。

1.手を挙げてタクシーをとめる

韓国では、肩より下で腕を前に差し出すようにします。運転手さんが タクシーを捕まえようとしているように見えない可能性もあるので、ここは是非韓国式で!

表示灯がピンチャ(빈차,空車)となっていれば乗車可能。イェヤッ(예약,予約)となっていると乗車不可です。または、街なかの「タクシー乗り場」で待機しているタクシーに乗ります。

2.乗車

助手席、後部座席のどちらに乗っても構いません。ドアはオートマチックではないので、自分で開けて自分で閉めます!日本人はついうっかりしてしまうので注意しましょう。また、スーツケース等の大きい荷物がある場合もトランクを開けてもらい、基本 自分自身で入れます。

3.目的地を伝える

普通は乗ってから言えばOKです。が、一般タクシーの場合は、乗り込む前に先に言う場合もあって、目的地が捕まえたタクシーの進行方向と反対だと、乗せてもらえなかったりします。

また、あまりに遠い市外だと拒否されることもあります。目的地が遠い場合、戻って来る時にソウル行きのお客さんを乗せられればラッキーですが、それ以外は現地での営業は出来ないので、片道儲け無しで帰って来なければならない為です。どうしても必要な場合は「往復の料金を払いますので!」等と交渉が必要になります。 

また深夜、繁華街の道路で待機しているタクシーは、あまり近い距離だと拒否されることがあります。長距離客を乗せ 稼ぎたくて待ち構えている為です。流しを捕まえる分には構わないんだと、私も以前運転手に教えられてしまったことがありました。本当は乗車拒否など してはいけないんですけどね!!

~ところで、基本的に流しをしている一般タクシーは、日本語が通じません。でもタクシーに乗るにあたって必要なのは とにかく「行き先」なので、行きたい場所が間違い無く伝わるようにしておきさえすれば、運転手さんが日本語が出来なくても(別に会話をしなくても…)、それほど大きい問題ではないと思うんです。

目的地の住所が分かれば、カーナビを使って調べてくれます。出来れば韓国語(ハングル)で書かれた住所が良いです。(英語よりも、運転手さんが分かり易いので)

プリントアウトした地図でも、市内なら大抵分かってくれるでしょう。スマホで地図を見せる方法もありますが Wi-Fiが繋がっていなかったら不可能だし、長く見てると消えたりするので、ちょっと不親切かなと思います。

目的地の電話番号があれば、もし運転手さんが場所を分からなくても、直接電話を掛けて、場所や目印を聞いてくれます。(新しい建物がどんどん建つので 分かりにくいこともあるようです)

言葉だけで伝えようとしても、どうしても発音の問題があるので、予めこれらのうちのどれかを準備しておくことをお勧めします!

<TIP>
「FREE INTERPRETATION(無料通訳)」のマークがついたタクシーでは、運転手にサービスを利用したい旨を伝えれば、携帯電話を通した通訳サービス(日本語・英語・中国語)が無料で受けられます。

4.料金を支払い下車

現金 または T-moneyカード で支払いが出来ます。料金はメーター通り支払えばよく、チップは不要です。でも重い荷物を載せるのを手伝ってくれたとか、場所が分からないのに一生懸命調べてくれた等… “お世話になったな” “有り難かったな” と、もし感じたら、数千ウォンほど上乗せして差し上げたら(または、おつりを受け取らない等)喜ばれると思います。

最後に、乗った時と同じようにドアは自分で開けて、自分で閉める! です。閉めずに立ち去ってしまうと、運転手さん困りますよぉ~(^。^;)

 

 

 

もしもトラブルに遭ってしまったら

 

かなり改善したとはいえ、まだ外国人に対して不当な料金を請求するケースが有り得るのが現状のようです。

・お釣りを出さない
・メーターより高い金額を請求(高速道路料金は乗客持ちなので注意)
・メーターを使用しない
・乗客の同意無しに 意図的に遠回りする
・不当に割増ボタンを押して請求
・荷物が多いのを理由に 追加料金を請求
・悪天候を理由に 追加料金を請求

…万が一にも このようなことがあった場合には、ソウル市が運営するコールセンターに通報します。車のナンバー、ドライバー名、タクシー会社名、レシート等の情報が必要です。

「タサンコールセンター」局番無し 120(日本語は→9 →3)

24時間通話可能なコールセンターですが、外国人専用窓口は、月~金 9:00~19:00。(土日は外国語サービス無し)通信費は有料です。(相談料は無料)

タサンコールセンターは、タクシーの問題のみならず、ソウルでの生活・観光に関するありとあらゆる問題や質問に対処しています。タクシーを利用する上での疑問点や、運転手との間で言葉の問題が生じた場合などにも利用することが出来ますので、覚えておかれると良いですね

「不当料金請求」に関しては、ソウル市でも厳しく取り締まる体制があり、申請書を提出すれば「通報報奨金」50万Wを受け取ることまで可能になっています。(事実調査、違法行為者の処分、補償金支払いの審議等で 6ヶ月は掛かってしまうそうですが)

~いかがでしょうか。

タクシーの運転手さんたちも 全般的に外国人の対応に慣れてきていて “言葉が通じずにやっかいだ!” というような雰囲気も、ほとんど無いように思います。

旅行中、便利だというのであまり頻繁に使い過ぎると 交通費がかさんでしまいますけれど、目的地によって上手に使い分けてご利用下さい(#^^#)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ