ソウルの食堂 注文から会計までこうすればOK!一人の食事は注意を

今回は、実際にソウルの食堂に入った時 戸惑ってしまわないように、食堂に入ったらどのようにしたらいいかを、順を追ってお話ししていきたいと思います。(ごく一般的な食堂の場合です)

 

 

 

食堂に入ったら

 

1.まず すぐに人数を伝えるのが基本

指で示せば充分です(^o^)b

すると店員さんが席に誘導してくれたり、店がすいていれば、どこに座ってもいいと言ってくれます。

2.メニューを選んで 注文します

日本語の表記が無い場合は「日本語メニュー」があるかどうか聞いてみて下さい。無い場合は、メニュー指差しや、近くの人が食べている物を指してもOK☆あらゆる手段を使って、自分の食べたい物を伝えましょう!

3.待っている間に 箸とスプーンをセットします

箸とスプーンは テーブルの上にあるか、最近はテーブル板の裏側の見えない所に、引出し型で置かれている店が増えて来ました。(テーブルを広く使えるのでGood)


ちなみに韓国では、箸とスプーンは、利き手側に縦にセットします。(日本は、正面に 横に置きますよね)食堂はかしこまった席ではないので、全然構いませんが…(^^;)

おしぼりが出ない店も多いので、ウェットティッシュを持っていると便利です。聞いてみると、出してくれる店もありますよ。

4.まず最初に パンチャン(おかず)が数皿 運ばれて来ます


メインを待たずに食べ始めてOKです。

「え、こんなの頼んでないのに?!」(*o*)と驚いたり、「後で別料金を請求されないかしら?」と、ドキドキしなくても大丈夫!メニューには載っていなくても、セットで出てくるんです。

しかも、「全部おかわり自由!!」

空になったお皿を見せて、お願いすれば通じます。追加分は 食べきれる範囲内でお願いしましょう。店によっては、おかずを最初からセルフサービスで取りに行く店や、おかわり分からセルフで、という所もあります。

5.メインが登場したら 美味しくいただきましょう♪

鍋のスープ(赤い物)や 焼肉の油が飛ぶと服が汚れるので、エプロン(앞치마、アッチマといいます)を備えている店も多いです。店内のどこかに掛かっていたり、店の人に言えば 持って来てくれたりするので、服が気になればエプロンを使いましょう。

韓国では、おかず=箸で、ご飯と汁=スプーンで 食べます。器を持ち上げて食べることはしません。また、汁とご飯を混ぜて食べる時は、汁の中にご飯を落とします。(外国人だと知れば変に思う人は無いので大丈夫ですが一応)


焼肉は、店員さんが頃合いを見て、裏返したり、食べやすいようにハサミでジョキジョキ切ってお世話してくれます。忙しく飛び回っていても、忘れずに来てくれるのはさすが!


数人で囲む鍋を食べた時には、残った汁で作る〆(シメ)の 炒めごはんや麺まで是非楽しみましょう♪

スポンサーリンク


残った汁にごはんを絡めて作ってくれます。これは別腹^^

6.必要な物があれば 店員さんを呼びましょう

おかずの追加、調味料、取り皿など何でも、店員さんが忙しそうでも、遠慮せず大きい声で呼び、お願いするのが 韓・国・流~!!(韓国人はみんなそうしています)

頼もうかどうしようかとモジモジしていても、あまり気に掛けてもらえません。(最近は テーブルに「呼出ベル」がある店も増えています。)

遠くにいる店員さんを呼ぶ時は「チョギヨ~!」が定番(^0^)ゝ元気よくーー!!

 

 

 

食べ終わったら 

 

7.食べた後は 長居をしないのが普通です

日本人は 食べ終わっても席で話し込んでしまうことがありますが、韓国ではすぐに席を立ちます。お店が混んでいれば、尚更ですね。

8.お会計は まとめてしましょう(複数人で行った場合)

しばらく前まで “韓国にはワリカンの習慣は無い” とまで言われていて、一人の人が 全員の分を支払うのが普通でした。今では 韓国でもワリカンが随分浸透して来たようですが、レジでのお会計はやはり一括でするのが良いと思います。(計算は自分たちでしましょう)なお チップは不要です。

9.レジ台で 最後のお楽しみ

口直しのアメやガム、コーヒー自販機(紙コップで出てくる甘い物:無料)があることが多いので、いただいて下さいね。コーヒーはカップが自動的に出て来ます。レジに店の名刺が置いてあることが多いので、お食事記念にどうぞ。

ここでは 近くの映画館の割引券も置かれています

左はセルフで取るおかず台。右側にコーヒーマシンがあります。マシンの上の籠にはエプロンも。

食堂では、なかなか言葉が通じなかったとしても、店の人とのやりとりを通して、また 韓国人のお客さんたちが話す韓国語が飛び交う中で、「韓国で韓国料理を食べてるぅ~~」っていうのを、ぜひ満喫して下さい!

なお、韓国の食堂では「全面禁煙」です。(2015年1月1日より)喫煙室を設けている店もありますが、多くはありません。

 

 

 

一人での食事は時間帯に注意して

 

ソウルでは、グルメを堪能したくても 焼肉や鍋は 2人前以上から注文可能な食堂が多い です。なので…そういう店は1人だと入店(注文)を断られる場合があるということを 知っておいて下さい。

また スンドゥブチゲ等1人用メニューの店であっても、混む時間帯に行った場合は断られることがあり得ます。2人以上のお客さんを優先して入れたい為です。1人でのお食事は、時間帯に気を付けて下さいね。

営業時間にもよりますが、昼食なら→午前11時台までに入るか 午後1時半過ぎに行く、夕食なら→少し早めに7時までに済ませる、など時間をずらして、自分自身も気兼ね無く食べられるようにするのが良いと思います。

私はわざと空いてる時間に行って、本来は2人以上から注文可能な鍋(タッカンマリやカムジャタン)を1人で食べたこともあります。(旅行で来た時 どうしても食べてみたくて。聞いてみたらOKと言ってくれたので…(^^;)

兎にも角にも~~

ソウルで美味しい物をいっぱい楽しく食べて、良い思い出を残して下さいね

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ