ソウルで海外キャッシング利用レポ!楽天カードで~現金必要時に便利です☆

日本発行のクレジットカードを使って、現地のATMから、現地通貨を引き出すことが出来る「海外キャッシング」!

「“借金” と思うと利用をためらう人も多いけれど、使い方によっては貸付利息もそれほど高額にはならないですよ」―― と聞いてはいたものの、今まで利用する機会自体が無くて…。

で、この春、急きょ少しかたまったウォンが必要になったこともあり、実験がてら(?)トライしてみました!

以下は「楽天カード」を使って「新韓(신한)銀行のATM」で、海外キャッシングをしてみた時のレポートです。(記録用に 10万ウォンだけ引き出し)

 

 

 

 

 

 

海外キャシングに必要な物

 

 

 

1. 海外キャシング可能なクレジットカード

2. 海外キャシング用(クレジット用) 暗証番号

3. 海外キャシング可能なATMを使用

4. カード会社の問い合わせ先(早期返済をする場合、連絡用)

~以上の物が必要になります。

1 (クレジットカード) に関しては、海外キャシングサービス利用の可不可、利用限度額を、確認しておく必要があります。

2 (暗証番号) ですが、実は私、カード番号を使って オンラインで物を買うことはあっても、クレジットカードとして使うことがほとんど無くて。

オンライン取引で使う暗証番号と、ATMを利用する時の暗証番号が違うということを すーっかり忘れてしまっていたんです!

今回それを思い出すまで、銀行を何ヶ所か替えてみたり、楽天に問い合わせたりして、何度か日を改めて出直してしまいました(^^;)

3(ATM) は、韓国のどの銀行でもOKですが、必ず「海外キャッシング可能」な機械を使います。

↓このようなロゴの表示があります。


同じATMコーナーでも、こちらの機械↓にはロゴマークが無いので、海外キャシングは出来ません。

 

 

 

 

 

 

ATMの操作方法

 

 

 

以下、実際にATMを使った時の画面になります。

1. 初期画面は韓国語なので「日本語」に切り替えます。まず「Foreign Languages (外国語)」を選択。

2.もう一度「Foreign Languages (Global Service)」を押します。

3.すると、英語で注意事項が出て来ます。

「カード番号や暗証番号を読み取る違法装置が設置されていることがある為、この画面のようなカード挿入口でない場合はATMの使用を中止して下さい」 また「暗証番号を入力する時にはキーパッドを覆って下さい」という内容です。

「Confirm (確認)」をタッチ。

4.「日本語」を選択します。(…どこの国かも分からない言語がいっぱい^^;)

5.「海外カード」を選択。(「国内カード」とは韓国発行のカードになります)

6.「キャッシュサービス」を選択。

7.カード挿入口に カードを入れます。

8.しばらく待ちます。

9.引き出したい金額を選択します。「10万ウォン」でやってみました。

表示された以外の金額にしたい場合は「その他」⇒「金額」を指定します。

↑真ん中に「Max: 700,000Won」と 引き出し可能な上限額が出ていますが、70万ウォンてよく考えると…少ないですよね。(約7万円)

10.引き出したい紙幣の内訳を選びます。

「全額1万ウォン札」にしました。(この画面では なぜか限度額が1回100万ウォンまでに変わっている…?)

11.金額の確認です。「確認」をタッチ。

12.手数料が表示されます。「確認」をタッチ。

13.暗証番号を入力した後、「確認」をタッチ。

スポンサーリンク

14.暗証番号入力後、しばらく待ちます。韓国語は「電話詐欺に注意して下さい」との警告。

※もし間違った暗証番号を入力してしまった場合は、英語で表示が出るのでやり直します。

15.次に進むと、明細票が必要かどうか聞かれます。

「いいえ」が赤くなっていますが、万一の時の控えとして、必ず「はい」を押すことをお勧めします!

「会員番号」のところには、クレジットカード番号が出ています。

16.また しばらく待ちます。

17.まず カードと明細票が出て来るので、受け取ります。

18.現金を取り出して キャッシング完了~~!!

ちなみに 新韓銀行以外のATMでも試しましたが、銀行によっては 最初に暗証番号を入力するようになっていたり、手順が前後することがあります。

 

 

 

 

 

 

キャッシングが出来ない機械もあり

 

 

 

いくら金融関係にうといアタクシでも、“VISA (PLUS)や Master Card、JCB (Cirrus)等のロゴがあるATMでないとキャッシングが出来ない” ということは知っていたので・・・

ちゃんとマークがある機械でやったのに! 実は最初、何度試みても現金を引き出すことが出来なかったので、そちらも記録しておこうと思います。

上(成功例)の順だと、4.で「日本語」に切り替えた直後からです。

違いは後で判ったわけですが・・・

5.で、本来は左側に「海外カード」と出るはずなのに、何もありません。

この時は “国内カード” で進めてみました。(日本語で “国内カード” と出るので混乱しちゃいますよね ←ちょっと弁解^^;)

6.ここでもまだ出来ないと知らず “クレジットカード” を選択してみる。

7.“現金サービス” を選択…と、それらしき物を選びながら進めて行き・・・

8.カード挿入まで来ましたが・・・

この後カードを入れても「取扱い出来ないカードです」となって、進むことが出来ませんでした。

“え、何で、何でぇ~?!” と何度かトライしたけれどバツ。

で。

韓国では、公衆電話でも、電話機によって正常に通話が出来たり 出来なかったりということが普通にあるので、“もしや・・・” と思って隣の機械に代えてみたら 案の定OK!! というわけだったんです(^^;)

ちなみにここ、明洞駅の8番出口からすぐのATMコーナーだったんですけどね~(明洞でさえ こういう事が…)

ともかくこのように「海外キャシング可能」の表示があるにもかかわらず 出来ない機械もあるので、その場合は焦らず、いくつか違う機械でやってみると良いと思います!

「海外カード」(=韓国以外のカード)が出て来るかどうかがキーですね☆

 

 

 

 

 

 

返済が必要です!

 

 

 

海外キャッシングは、日本にある自分の銀行口座から引き出されるのではなく、お金を借りることになるので、定められた貸付利率(実質年率)と返済日にしたがって返済をしなければなりません。

今回私は、楽天銀行のカードを使ったので、年利率18%が加算されて、次の月の27日に楽天銀行の口座から自動引き落としになります。

5月23日に利用したので、6月27日までは 35日間。

返済が次の月ということは、最短でも必ず30日間は借りておかなければならないんですね~

10万ウォン借りた時の貸付利息の計算をやってみますと・・・

■ 10万ウォン × 年利 18% = 18,000ウォン

■ これを日割り計算すると、 18,000ウォン × (35日/365日) = 1,726ウォン

日本円で 約1万円を借りて、返済日が35日後だと 返済利息が約172円になるというのは、どうかなぁ…

ATM手数料が 約360円だったので合わせると 今回は、1万円借りるのに +約532円 という計算になりますよね。

※実際に円でどれだけ引き落としになったかは、後日記録したいと思います!

 

 

 

 

 

 

早期(繰り上げ)返済が可能です!

 

 

 

繰り返しになりますが、今回のレポでは、楽天銀行発行のクレジットカードを使っています。

楽天に確認したところ、海外キャシングをした後に連絡すれば、繰り上げ返済日 (平日~14:00までに振り込み可能な日で) を指定することが出来るとのことでした!

その場合には、本人確認の後、振り込み先の口座番号を教えてくれることになっているそうです。(楽天銀行からの自動振替ではなくなる)

すぐに返せるのなら、1万円借りた貸付利息は 1日5円程度の計算になるので、かなり安く済みますね!

ただ今回の場合は 金額が少ないので、利子もびっくりするほど高くないし、他行への振り込みにまた手数料が必要になるのも…と思い、早期返済はせずに、来月27日の返済日まで待つことにしました。(でも 振替手数料〇回まで無料とかありましたっけ?普段全然使わないので確かめなきゃ!! 汗)

↑少しでもお得に!と思うと、頭の中でついこんな計算がまわってしまいます^^;

 

 

 

 

 

 

両替とどちらがお得?

 

 

 

海外キャッシングでは、現地通貨を引き出す時に、円→ウォン の両替手数料などは取られないので、レートは悪くないはずです。

では、韓国(ソウル)に日本円を持って行って ウォンに両替するのと比べて、どちらがお得なのか??

これまた 明洞あたりの公認両替所では、“両替手数料無し” でかなり良いレートでウォンに替えられますし・・・正直なところよく分かりません(汗)

思うに、現地両替とレートを比較するというより、使い勝手がポイントのような気がします。

海外キャッシングは、限度額内だとしても、小刻みに何度も引き出すと ATM手数料がかさんでしまうのが難点。

でも、早期返済するなら 利子も少なくて済むし、何と言っても、両替所まで行かずに 身近な銀行(ATM)でウォンを手にすることが出来るのは便利です。

クレジットカード自体は、みなさん旅行に持って行かれると思いますし、ソウルでは ATM操作も日本語で簡単♡

「海外キャッシング」――― 旅行中 現金(ウォン)が必要なのに、両替する手持ちの円が無くなってしまった時などは、手段として考えてみてはいかがでしょうか? (ATMの画面によると、3万ウォンでも引出し可能でしたね。)

【2018年 5月27日 追記】

楽天カードの利用明細に、この海外キャッシングが出ていました!

ATM手数料を含んだ 103,600ウォン → 10,336円 と計算されたようでしょうか?

貸付利息も 6月度 (6/27) 振替予定のはずですが、もし今からでも早期返済したら金額が変わりますものね…。

追って 6月も経過を見て行こうと思います。

*応援ポチ!!があると頑張れます*
**よろしくお願いいたします** 
  ↓  ↓  ↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ