K-POPアイドルの本場 韓国でコンサートに行ってきた!チケット購入から^^

K-POPアイドルが好きな人にとって、本場韓国のコンサートに行くのは憧れますよね!

 

 

でも韓国語がわからないと、チケットを購入するにもハードルが高いし、当日も不安…。私もその一人でした。

 

 

そんな私が、どうしても行きたくて、ついに今回はじめてガールズグループ「Red Velvet」のライブコンサートに行ってきましたーー!!

 

 

私がチケットを取るところから、現場の様子までをレポートしていこうと思います!

 

 

 

 

Red Velvetコンサート「REDMARE」
(2018年8月)

 

 

 

 

定価でチケット購入はできずㅠ

 

 

チケットは、自分でチケット販売のサイトに登録して購入する方法と、代行会社に依頼する方法の2つが多いです。

 

 

自分でやる場合は、サイトが日本語じゃないのでちょっと手こずることと、先着順なのでスピード勝負なのが難点ですが、定価そのもので購入できるのが魅力!

 

 

私はまず、定価購入をねらって「Yes24」(예스24)というサイトに登録しました。

 

 

同じ「Yes24」でも、韓国人(韓国国内)用サイトとグローバルサイトの2つがあって、グローバルならサイトが英語で、外国人でも会員登録&購入ができるようになっています。

 

 

 😉 「Yes24」グローバルチケット販売サイト

 

*画面右上の「JOIN」から、イーメールアドレス(=IDになる)で最初の登録をします。

 

*登録したアドレスに認証用リンクが送られてくるので、1時間以内に会員登録の手続きをします。

 

 

 

ちなみにグローバルでない方のサイトだと、韓国語が分かったとしても、電話番号の登録や支払い方法などが韓国国内用になってしまっているので買えないんです。

 

 

 

 

さてさて~チケットのオープン時間が予告されているので、サイトを開いてその時を待ちます!

 

 

あれっ?でも、発売時間になってもチケット情報が出てこない…!?

 

 

仕方なくメールで問い合わせです。日韓自動翻訳アプリを使って訳した韓国語でしたが、幸いちゃんと返事が返ってきましたよ。

 

 

でも内容は、私が欲しいチケットは、グローバルサイトでは取り扱わないとㅠ

 

 

そして 😉 「SMグローバルパッケージ」から購入して下さい、ということでした。

 

 

 

 

「SMグローバルパッケージ」というのは、Red Velvet が所属する芸能事務所「SMエンターテイメント」専用のツアーを扱うサイトで、外国人ファン専用。

 

 

 

 

さっそく、教えてもらったグローバルパッケージのサイトにアクセス!

 

 

・・・しましたが、ぜんぶ切れ(またしても涙…ㅠ)

 

 

直接自分で買おうと思うと、ほんと時間勝負のようです…。

 

 

 

 

そこで、定価よりも高くなってしまいますが、代行会社に依頼することに!(どうしても行きたかったんで…ㅠㅠ)

 

 

いろいろ探して、 😉 「GT TOUR」さんにお願いしました。

 

 

【GT TOURさんの場合】

 

 

1.まず会員登録をします。

 

個人情報を入力、パスポート等で身分確認をします。日本語で出来るので、わかりやすかったです。

 

 

2.自分が取りたいチケットを申し込み。

 

注意が必要なのは、席によって値段が違うこと!!

 

基本料金があって、アーティストに近い良い席はオプションとして値段が上乗せされていく仕組みです。

 

 

3.基本料金の支払いを済ませます。

 

支払いが済むと、GT TOURさんがチケットを手配してくれます。

 

 

必ず希望した席になるとは限らないので、オプション料金はチケット手配が終わって、席が決まってから支払うようになってるんですね。

 

 

なるべく希望に近い席を用意してくれるみたいですけど。

 

 

分からないことや不安なことは、サイト内の「ご予約の問い合わせ」からメッセージをやり取りできます。返信も早めで、丁寧だったので、初めてでも安心して購入できました!

 

 

チケットは、EMS便で自宅に届きます。ライブ会場までの地図も一緒に入っていたのは感動でした♡

 

 

 

ちなみに、代行会社は、他にも検索するとたくさん出てきます。

 

 

会社によって、同じチケットでも値段が違う場合が多いので、口コミもみて、安心できる自分にあった会社を見つけて下さいね。

 

 

あと、個人で代行を引き受けている人もいますが、私はあまりオススメできないです。値段(手数料)が高いのと、万一何かあった場合に責任問題を追及できないので。

 

 

 

 

待望のコンサート会場初体験!!

 

 

さて、そんなふうにしてやっと買ったチケット持って、いざソウルへーー!!

 

 

なにせ初めてなので、ワクワク♫ でも現地がどんな感じか全くわからないし、やっぱり心の片隅には正直心配も…>.<

 

 

 

コンサート会場は、オリンピック公園駅近くの、SKハンドボール競技場。

 

 

一応余裕をもってと思い、開演の3時間前に会場に着きました。

 

 

始まる前にまず、オリジナルグッズを買っておきたくて!売場にたくさん人が並んでいると時間がかかったり、売り切れがあったりするので心配で。でも無事に買うことができました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

いよいよ会場に入りまーす!

 

 

ブースでチケットをみせると、腕に、エリア別に色が分けてある紙の腕輪をつけてくれました。

 

 

会場に入る時に、腕輪とチケットをいっしょに確認されます。

 

 

私は「Aエリア スタンディング」(いわゆるアリーナ席)だったので、エリアごと、番号順に会場にはいりました。

 

 

並んでいる人たちに何番か聞ききながら、自分の場所を探します。

 

 

ここで並んでいるときにおじさんたちが、凍った水を売りに来ていて驚いたんですが、コンサートが終わったあとに “あの時買っておけば良かった…” と思ったくらい、水分は必要でした。

 

 

ライブは熱気がすごいし、自分も声を出すので喉がカラカラ・・・。水は事前に用意しておいた方が絶対にいいです!

 

 

はじめ会場には友達と隣同士で入ったんですが、公演が始まった瞬間いきなり「おしくら饅頭状態」になって、はぐれてしまいました!

 

 

結局、始まりから終わりまで、別々に見ることに。悲しかったです。

 

 

同伴の人がいる場合は絶対にはぐれないようにすること、念のため、はぐれてしまった場合の待ち合わせ場所を決めておくことをオススメします^^;

 

 

また、スタンディング席は、通勤ラッシュ時の満員電車状態が、ライブの時間中続きます!

 

 

いや、アイドルの動きに合わせてエリア全体が動くので、満員電車よりも辛いかもしれません。具合が悪くなってしまった人もいるほど…。

 

 

あと、私はトートバッグで行ったんですが、人と人の隙間に引っかかってしまったり、盗難も気にしなくてはいけなかったので、これは失敗だったな、と思いました。

 

 

荷物はなるべく小さくして、事前に買ったグッズもロッカーに預けるのがベストです。

 

 

スタンディングはほんとに大変でしたが、その分、すぐ近くでアイドルのパフォーマンスを見ることができたし、すごい幸せな時間でしたー♡☆♪♡☆♫

 

 

Red Velvet オリジナルライト

 

 

でも…私的には、やっぱりスタンディングよりも、座って見る方があってたようです。

 

 

なぜって、私は身長がかなり低めなので、周りに埋もれてしまうこともしばしば^^;

 

 

それに状況によってはステージが見えないこともあったので、ステージ全体が見たい方は座って見る方がおススメです!

 

 

あと、韓国のライブは写真を撮影しても大丈夫という話を聞いたことがありますが、撮影は禁止されていました。注意して下さいね!

 

 

 

 

現場では不安が多かったですけど、よく耳を澄ませるとアナウンスが日本語でも流れていたり、分からなくても周りの人が助けてくれることが多かったので、なんとかなりました。

 

 

こんな私でも、無事に行って来れたので、韓国のコンサートへの不安が少しでも解消されたら幸いです。

 

 

あなたもぜひ、好きなアイドルのパフォーマンスを本場の韓国で味わってみてくださいね!(♡U♡)

 

スポンサーリンク

 

*応援ポチ!!があると頑張れます*
**よろしくお願いいたします**

 ↓  ↓  ↓


  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ