◆2018年ソウルキムジャン文化祭◆外国人キムジャンに参加&現場レポ^^

今年もこの季節がやって来ました!ソウルキムジャン文化祭(キムジャンフェスティバル)!!

 

 

私は今年「外国人のキムジャン」に申し込んでおいたので、行って来ました。一昨年に続き2度目の参加です!

 

 

そして、メイン会場のキムジャンは、オンラインでは団体の受付しかしてなかったので、果たして「当日、飛び入り個人参加は可能なのか?」ということも知りたくて、現場を見て来ました~^^

 

 

 

 

さて、13:00のクラスに申し込んでおいたので、少し早めに行ってまず受付です。

 

 

最初「外国人受付」のブースに行ってしまったんですけど、それは別物で、隣の「キムジャンカン2」のブースに行くように言われました。「外国人のキムジャン」が行われる場所がそこだからですね。

 

 

 

 

申込者の名簿を見て、チェックだけで完了!こんな許可証を受け取りました(後で返却)。マスコットが出来たようですね~カワイイ♡

 

 

 

 

フェスティバルは、11月2(金)~4日(日)の3日間行われていて、この日は2日目。

 

 

案内図を見ると、メインのキムジャン参加者は、ソウル広場の半分くらいでした。実際、後ろのスペースがずいぶん空いていたので、“あら~今年は少ない!” って思ったんです。この日は。

 

 

 

 

私が目指すキムジャンカン2は、旧市庁舎(図書館)の前の赤いテント。

 

 

 

 

途中、キッズコーナーや一休みコーナーが設けられていました。↓これ、中で子供たちがピョンピョン跳ねて遊んでます。

 

 

 

 

さて、会場の中は・・・

 

 

 

 

建物(?)全体が赤いビニールなので、光を通して、何の写真を撮っても全部真っ赤^^;

 

 

 

 

なので仕方なく、家に戻ってから撮影し直したのがこれ。↓1人分のテーブルに準備されてたグッズです。

 

 

エプロン、三角巾、布手袋、ゴム手袋、マスク、使い捨てカイロ、プログラム(韓国語)、それにお餅(白とヨモギ3切れずつ)!お土産になる物はなるかなと。

 

 

 

 

これらのグッズが、大きいビニール袋に入って折りたたんで置かれてました。

 

 

最初 “なんでこんなおっきい袋?” って思ったんですけど、後で見たら、このセット(餅以外)、外のキムジャンでも個人に配られていて。所持品とかジャケットとかまで入れられるように考えたんだなって、分かったんです。

 

 

 

 

 

 

…で。外国人プログラムなんですが・・・あっという間に終わってしまいました。

 

 

今年の先生は英語をしゃべれたので、通訳で時間も取らず。キムジャンとかキムチの簡単なお話と、目の前にある材料をどのようにするのかって説明を、ささっと。

 

 

とにかく、塩漬けされた白菜の葉っぱの間に、具を挟むだけなんで、全部やり終わったら13:20…^^; あっけなぁ――!!

 

 

 

今年のお持ち帰り用は、↓カメ型のプラスチック容器。持ち手付きね。(ちなみに一昨年は耐熱ガラスのずしっと重い密閉容器でした)

 

 

 

 

キムチはすぐに冷蔵庫に入れずに、その日の夜までは常温に置いといて下さいってことで。すでに水が上がって、いい感じになってきてます♪

 

 

 

 

ついでの話ですが、外国人のキムジャンは、白菜4分の1株分だけプチ体験して、お持ち帰りOK。それはありがたいんですけど、その後の予定があったりすると、ずーっと持ち歩かなくちゃいけなくなるんですよ。

 

 

今年は一応袋がありましたけど、このカメ容器を入れる仕様にはなってないので片寄っちゃうし。それなりに重さがあるので、もし参加されたら、対策が必要と思います!

 

 

(一昨年は何の考えも無く。たまたま買い物袋を持ってたんで良かったんですが、友達と一緒に参加して夕飯までいたので、移動に大変でした…)

 

 

 

 

~さてさてところで。

 

 

本会場のキムジャンのスタートは 14:00。

 

 

外国人プログラム終わって出てきたら、人の長ーい行列が出来ているではありませんか!

 

 

 

 

先をたどって行くと、やはり!!キムジャン会場の入口から出来ている、当日参加希望の人たちの列でした☆

 

 

見てると、予めオンラインで申し込みした人は、次々入場していましたが、当日参加(=個人参加)の人たちは、14:00間際になってやっと入口オープン!

 

 

入口で、さっき私が受け取った、キムジャングッズの袋を受け取って、入って行きました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

並んでいた人が入り終わると、入口はクローズしてしまいましたよ。ということは途中参加は NG。

 

 

このキムジャンはお祭りと言っても、やはり「ボランティア」なので、“ちょっとやってみたい” というのは無しみたいです。司会者も、最後までいて下さい、キムチを持ち帰ってはダメです、ってアナウンスしてましたしね。

 

 

 

 

時間になったら、キムジャンスタート☆ もうお馴染みの光景です!

 

 

 

 

司会者が手順や注意事項を伝えつつ、場を盛り上げながら進められていきます!

 

 

 

 

この週末は、3日間とも暖かくてすごくラッキーでした。寒いと2~3時間も外で作業は大変です。

 

 

 

 

アジョッシ(おじさん)たちもがんばってますね!

 

 

 

 

キムチは箱詰めにされて積み上げられて行きます。その日のうちにスタッフが配達するんでしょうね。

 

 

予定表では17:00まででしたけど、16:00頃にはその日のノルマが終わったようで、一段落。

 

 

 

 

私はずっといた訳じゃなくて、お茶して戻って来たんですけどね。2時間後にはキムチの匂いがプンプン~。

 

 

そして、この日はボランティアに参加した人のために、スユッ(茹で豚)とマッコリが少量ずつですが、差し入れされてました。漬けたキムチを各テーブル1株だけ残しておいて、お肉といっしょにパクッ!これが家庭でもキムジャン当日の定番です。

 

 

みなさん、お疲れさまでした~

 

 

 

 

周囲の様子。こちらは「キムジャンカン1」。去年見学したときは、展示物いろいろいっぱいでしたが、今年は質素な雰囲気。

 

 

 

 

キムチ名人さんが漬けたキムチを試食できるというので、列ができてました。

 

 

 

 

キッズコーナーの近くには、時間ごとにキムチ材料の着ぐるみたちが出て来て、みんな大喜び!大根はしゃがむと土に埋まってるように見えましたよㅋㅋ

 

 

 

 

音楽担当はセウジョッ(キムチの薬味になる塩辛みたいな小エビ)。ほんとに鍵盤弾いてました♪

 

 

 

 

 

ソウルキムジャン文化祭(キムチフェスティバル)、いろいろに楽しむことができますよね。

 

 

今年は特に、“キムジャンに参加してみたいな” と思っている方のために参考になればと、情報収集してみました。

 

 

ちなみに後で聞いたところ、当日参加は、特に受け付けは必要なく、入口で身分証の提示なども必要無し。ただ並べばいいので、外国人でも参加可能とのことでした。

 

 

でも当日参加者は列に並ぶというやり方も、数年前はたしか違ったと思うんですよ。スタッフの人も、「毎年変わるので、今年はそうだったと思って下さい」と言ってました。

 

 

今年で5回目のこのお祭り。試行錯誤を繰り返して、だんだん一番良い方法に落ち着いていくんでしょうね。

 

 

 

 

で、実は私、次の日にも外に出るついでがあって、ソウル広場に立ち寄ったんです。

 

 

そしたら・・・なんと、この日とは大分事情が違っていました!知らずに行ったんですが、なんと「ギネス挑戦の日」だっだようで!

 

 

その時の様子は、また次回ご報告いたしま~す♡

 

 

 😀 「ソウルキムジャン文化祭」2018年オンライン申し込み方法はこちら☆
 😀 「ソウルキムジャン文化祭」2017年現場レポはこちら☆

 

 

**応援ポチ!お願いいたします**

  ↓ ↓ ↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ