★ソサンコッケ★新鮮?でも少し残念だったカンジャンケジャン食レポ【口コミ】

 ゴールデンウィークの連休に、日本から遊びに来た友達と2人で「瑞山コッケ」(ソサンコッケ 서산꽃게)に行って来ました。

 

 

5月の初めは、韓国でも祝日が多いです。行ったのは祝日(金曜日)で、昼の 12:30に予約済み。

 

 

カンジャンケジャン好きな友達が、韓国人の知人から教えてもらったという店、ソサンコッケの食レポです!

 

 

 

 

 

 

店への行き方は、まず5号線「麻浦(マポ)駅」③番出口から、大通り(麻浦大路 마포대로)を直進します。

 

 

そして、最初の横断歩道が出てきたら、その角を右折して、一本奥の道に入って行きます。

 

 

 

 

すぐに交差点があるので、横断歩道を2回渡ります。(対角線の位置へ)

 

 

それほど大きくない通りですが、車が結構多かったです。

 

 

 

 

2つ目の横断歩道を渡るとすぐにある、狭い道に入ります。(先は行き止まりになってます)

 

 

 

 

↓これは上の写真と同じ場所ですが、左手に「パリバゲット」(チェーン店のパン屋)があるのが目印になるかと。

 

 

 

 

「ソサンコッケ」は、この路地に入った左手。こじんまりした店です。

 

 

 

 

入口で靴を脱ぐようになっていて、テーブル席も、座椅子席も、各3~4つずつぐらいですね。

 

 

予約してあると言ったら、座椅子席に通されました。

 

 

 

 

ここは「カンジャンケジャン専門店」で、一応他のメニューもありますが、何も言わなければ、カンジャンケジャンを食べに来るものとなっている感じです。

 

 

「一人分 36000ウォン」で、2人分から注文可能になってます。

 

 

 

↓こちらがフルセット!

 

 

 

実は、ここまで勢揃いするには、しばらく待たなくちゃいけないんです。

 

 

と言うのも、ご飯と火を通さないおかず(9種類)はすぐに運ばれてくるのですが、

 

 

それ以外は、作り置きしてある物を出すのでなく、お客さんが来てから作るからです。

 

 

最初のおかずは、

 

 

 

トトリムッ(どんぐりの粉の寒天のような物)

 

 

 

じゃがいもの煮物

 

 

 

きゅうりのキムチ

 

 

 

チョンガッキムチ

 

 

 

オリクルのジョッ(韓国式カキの塩辛)

 

 

 

海苔(ごま油も塩も塗られていません)

 

 

 

カムテ(감태) 焼いていない海苔。塩が振られています。(珍しいと思います)

 

 

 

炒めミョルチ(甘味)

スポンサーリンク

 

 

 

セリのナムル

 

 

 

 

そして、一足後から出て来たおかずがこちらです。

 

 

カニカマと野菜のジョン、タラのジョン(玉子の衣を付けて焼いた物)

 

 

 

イシモチ

 

 

 

全セットの写真を撮りたくて、どちらもしばらく手を付けず置いておきましたが、それでも温かくいただけましたよ。

 

 

 

そして、まもなく主役の「カンジャンケジャン」も登場!!

 

 

 

 

でもでも、横ののテーブルをちらっと見ると、まだ出て来ていない物がありそうだと。

 

 

箸を付けずに待っていると・・・最後に出て来たのがこちら。

 

 

キムチチゲ

 

 

 

ケランチㇺ

 

 

 

 

はいっ!これで全部揃いました。晴れて記念撮影です~♡

 

 

 

 

カンジャンケジャンは基本、手で持ち上げて、身をジュルジュル吸って食べるので、お店の人に言うと「ビニール手袋」をもらえます。

 

 

(絶対手に臭いが残るので、最初からセットしておいても良いんじゃないかと思うんですけどね)

 

 

 

さてさて~~!!

 

 

ところで、カンジャンケジャンの「お味」の方はどうかと言いますと。

 

 

うん、見るからに新鮮そう~臭いも全然なし!

 

 

 

 

ただ、私の正直な感想としては・・・ですけど。

 

 

醤油漬けなはずなのに、カニの身を食べた時に、味がほとんど感じられなかったんですよね…。

 

 

新鮮なことはたしかなんでしょうけど、もっとカンジャンといっしょになったカニの身の「旨味」を味わいたかったです>.<;

 

 

これだけ味が付いていないと、生臭い印象が残ってしまいそうで。

 

 

最初アシを食べたときにそう感じたんですが、楽しみにしていた、この↓甲羅部分のカニみそと、ご飯のコラボでも…

 

 

 

 

“んんっ?味ないんですけど~?” って感じで、すごく残念だったんですよ…。

 

 

後から思うに、お皿の下の方にあった漬け汁をすくって掛ければよかったなーと思ったんですけどね。

 

 

 

 

ちなみに、カンジャンケジャン大好きな友達は、おいしいと言って食べてました。好き好きなんですね、やっぱ。

 

 

おかずはどれも美味しかったですよ。(カキの塩辛は、大事をとって手を付けませんでしたけど)

 

 

おかずも全体的に刺激が少なく、薄味かな。ケランチㇺも、あんまり味が無かった気がします…。

 

 

そうそう!食べ終わった頃を見計らって、「ヌルンジ」とデザートの「オレンジ」が運ばれて来ました。(写真撮り忘れ>.<;)

 

 

これにて、終了でーす!

 

 

 

 

お店のメニュー表

 

 

 

私たちが店にいる間は、韓国人のお客さんが数組と、私たち以外の外国人が1組いました。

 

 

良かったと思う点は、こじんまりした個人の店で、お客さんも多くなかったのでゆっくり出来たこと。

 

 

座椅子席だったこともあり、ちょっとした韓定食を食べているような雰囲気だったことでしょうか。

 

 

ただ、肝心なカニのお味が… “う~む” というところで>.<

 

 

実は、私たちがこの店に予約を入れたのは、1ヶ月前だったのですが、

 

 

本当を言うと、最初は同じエリアの、別のカンジャンケジャンの店(ミシュランソウルで紹介された)に行くつもりだったんです。

 

 

ところが、その日の予定上、昼の時間に食べたかったのに、そちらはすでに予約で一杯。

 

 

予定を変えることは出来なかったので、ソサンコッケにしたのでした。

 

 

こちらは電話で予約を入れた時点から「こんなに早く予約を入れてしまって忘れませんか?」と言われたほど。

 

 

この時点ですでに、人気は近場の同系列店とは比べ物にならないんだな~とは思いましたけどね。

 

 

(ただし、テーブル数が少ないので念の為、やはり予約しておく方が良いみたいです)

 

 

カンジャンケジャンって、かなりのお値段しますよね。他の有名店の値段を見ても、やっぱり1人分 35000~40000ウォンとかします。

 

 

(お腹に溜まらないのに、普通の焼肉よりよっぽど高い!)

 

 

なので、せっかく食べるなら「美味しかったぁーー!!!」と、スカッと言える店で食べたいものですよね。

 

 

特に旅行者の方なら、尚更。ソウルでカンジャンケジャンを食べるなら、日本人の口コミが良い店が無難だと思います。

 

 

以上、私的には、複雑な思いを残した「ソサンコッケ」でした~。

 

 

 

▶瑞山コッケ(서산꽃게)

 

▶住所
ソウル特別市 麻浦区 桃花洞 201-5
(麻浦区 桃花キル 12-3)

 

▶電話番号
02-719-9693(予約)
010-2266-9353

 

▶営業時間
11:50~21:00
(15:00~17:30 休憩時間)
1月1日・旧正月・秋夕の連休休み

 

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ