★マボンリㇺトッポッキ★ソウル未来遺産の横丁で屋台と違うトッポギ鍋をつつく!

「マボンリムハルモニトッポッキ」(마복림할머니떡볶이) ――トッポッキ鍋を食べに、久々にトッポッキタウンに行って来ました。

 

 

今や韓国のどこに行っても、当たり前のように食べられているトッポギですが、

 

 

元をたどると、この店の名前になっている「マ・ボンリㇺおばあさん」が考えて、売り始めたのが最初なんだそうですよ!

 

 

そんな新堂洞トッポッキタウン “元祖店” の食レポです(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

マボンリㇺトッポッキの最寄駅は、2・6号線「新堂(シンダン)駅」です。

 

 

⑦番出口でも行けますが、⑧番出口から向かう方が、より分かりやすいと思うんです。

 

 

⑧番出口を出るとすぐ、中央消防署が見えるので、その手前の道を左に入ればOK!

 

 

 

 

消防署を右手に見ながら直進しまーす!

 

 

 

 

すると間もなく、「新堂洞トッポッキタウン」の看板が出て来ます。

 

 

 

 

そして、お目当ての「マボンリㇺ(마복림)トッポッキ」は、このゲートの左手1軒目!

 

 

絶対に見逃すことはありません(笑)横に長いお店です。

 

 

 

 

↓韓国のグルメバラエティ番組でも取り上げられたようです。(私この番組けっこう好き♡)

 

 

 

 

夕食の待ち合わせまで少し時間があったので、通りを歩いてみました。

 

 

↓「アイラブシンダンドン(I LOVE SINDANGDONG)」も、いろんな味のトッポッキや、ライブ演奏、カフェなどが楽しめる名所的な店です。

 

 

 

 

↓あら、この辺りの看板には、トッポッキとタッパル(鶏のアシ)が並んで書かれてます。タッパルもあるのね~

 

 

 

 

トッポッキタウンと言っても、道の両側にあるトッポッキ屋さん合わせて10軒ほどの、小さな一角。

 

 

(店がずいぶん減ってしまったんですよね…)

 

 

↓こちらは、通りの反対側の入口です。

 

 

 

 

さてさて~~18:00に友達と会って、「マボンリントッポッキ」に入店でーす!

 

 

残念ながら、店内の写真撮影は断られてしまったのですが(涙)、スペースは広くて、席数は結構あります。(後で調べたら180席あるそう)

 

 

平日の夕方、お客さんはそれほど多くなく、ほとんど韓国人でした。

 

 

 

メニューは、「トッポッキセット」オンリー!!

 

 

2人分(13000W)~4人分(22000W)と、人数の違いだけです。

 

  ↓  ↓  ↓

 

 

 

セット内容は、韓国の餅・練り物(オデンと言われる物)・ラーメン・チョルミョン(煮るとツルッとなる麺)・揚げギョーザ。

 

 

この最初の組合せは、変えることはできません。

 

 

有料でそれぞれを追加することが出来、お好みでその他のトッピングとして、玉子・チーズ餅・チーズ・野菜もあります。

 

 

ちなみによぉく見ると、前は、玉子も基本セットに入っていたのに、無くなってしまったみたいですね(^^;)

 

 

あとは、鍋の後に〆の炒めご飯や、おにぎりも注文できます。

 

 

2人セットを注文しました!!

 

  ↓  ↓  ↓

 

 

 

キャベツやネギなどの野菜もいっしょに入ってます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

火を入れると・・・

 

  ↓  ↓  ↓

 

 

 

ヤンニョム(合わせ調味料)が行きわたって、だんだんそれっぽくなって来ました~!!

 

 

しかし…トングもお玉も渡されず、フォークで混ぜるしか(^^;)

 

 

水気はどんどん煮詰まってくるので、“まいっか” と各自のフォークでつつきましたが。考えてみると、箸も無かったな~

 

 

(後でメニュー写真を何気に見たら、箸はセルフで取りに行くと書かれてました…)

 

 

 

 

どんどん火が入っていきます!

 

 

ラーメンが食べごろになったら、食べ始めのサイン☆

 

 

 

 

取り皿は、ステンレス製。とにかく、かしこまり感は一切なく “庶民の食堂” っていう感じです。

 

 

あ、写真の右上にちらっと見えている↓たくあん(タンムジ)も、市販の豆腐パックみたいな物で、

 

 

食べる時は、上のシールをペリッとはがすようになってます(^^;) おかずは、これだけ。

 

 

 

 

お味は・・・まぁごく普通のトッポッキですね。それなりに辛いですけど、辛過ぎるわけではありません。

 

 

この日ちょっと胃の調子が良くなかった私でも、大丈夫だったくらいなので。

 

 

それにしても私、この店5年ぶりくらいだったんですが、相変わらず火を入れてもギョーザが硬い~(苦笑)

 

 

ギョーザと言うか、ほぼ皮だけっぽいんですけどね…。

 

 

 

↓店の所々にエプロン(アッチマ 앞치마)が掛かっているので、赤い汁がはねても大丈夫なように自由に取って使います。

 

 

 

 

友達も私も、あまりたくさん食べる方ではなく、次の予定(カフェでデザート)もあったので、追加トッピングも〆の炒めごはんも無しで終了しました~!

 

 

 

おいしく頂きましたが、このセット内容で、一人 6500ウォンてどうでしょう?

 

 

屋台(普通3000ウォン)よりも、具があれこれ入ってはいますけど、お餅も数えて分け合うような感じで多くはないです。

 

 

ゆで玉子が入っていればもう少しお得感があるのに、そこはちょっと残念かな~(←だから削ったんでしょうけど…)

 

 

ただ何と言っても、腰を落ち着けてゆっくりできるのは、屋台には無い良さですよね!!

 

 

お酒も置かれてますし、席がたくさんあるので、たとえ混んでいても、せかされることも無さそう?

 

 

美味しいトッポッキをお腹いっぱい味わうというよりも、雰囲気かしらね。

 

 

 

↓時間も、午前中から、夜遅くまでやっています。

 

 

 

 

↓トッポッキタウンは、改めて地図で見るに5.6号線「青丘(チョング 청구)駅」からも行けます。

 

 

 

 

そしてちなみに、新堂洞駅側(マボンリントッポッキ側)のあの大きいゲートの足には、「ソウル未来遺産」の認定盤があります。

 

 

 

 

これは、このストリート自体が、近現代の庶民の生活に根付いた価値ある物であり、100年後にも残すべき大切な遺産とされている証です。

 

 

一番栄えていた時期には、この一角に、トッポッキ屋さんが 40軒ほどあったそうですよ。

 

 

トッポッキ鍋も、今は小洒落た雰囲気の店が出来たり、必ずしも新堂洞でしか食べれない物ではないですけれど、

 

 

韓国トッポッキ発祥の地「新堂洞トッポッキタウン」で、一度味わってみるのはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

マ・ボンリㇺハルモニトッポッキ(마복림할머니떡볶이)

 

住所

ソウル特別市 中区 新堂洞 292-112

(中区 茶山路35キル 5)

 

電話番号 02-2232-8930

 

営業時間
平日 9:00~24:00
土日祝 9:00~25:00(翌1:00)
第2・4月曜定休
旧正月・秋夕の前日&当日休み

 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ