【写真付】ソウルの地下鉄駅ロッカーの使い方!サイズ 時間 料金は?

ソウルの地下鉄駅構内のロッカーは以前、1~4&9号線と、5~8号線で、それぞれタイプの違うものが設置されていました。

 

 

でも、昨年(2018年)夏前ごろから順次、1~4号線タイプが→5~8号線タイプに替えられ、現在は同じロッカーに統一されています。

 

 

使い方はもちろん、サイズ、利用可能な時間帯、料金体系などについて、改めてご紹介しますね!

 

 

 

<目 次>

 

 

  1. 地下鉄ロッカーの外観
  2. 荷物を保管する手順
  3. 荷物を取り出す手順
  4. ロッカーサイズは?
  5. ロッカー使用時間は?
  6. ロッカー使用料金は?

 

 

 

 

地下鉄ロッカーの外観

 

 

今現在、地下鉄駅構内にあるロッカーは「ハッピーボックス」といいます。

 

 

 

 

それぞれに「ロッカー番号」と、「携帯番号入力用ボタン」が付いています。

 

 

扉はすべて閉まっていて、よく見ると使用中は「オレンジ」、使用可は「黄色」になっています。

 

 

 

 

 

ロッカーの使用方法には、①「携帯電話利用」②「操作画面利用」 の2種類があります。

 

 

 

 

ここでは、旅行者でも使用可能な「操作画面」を使った方法を説明していきますね!

 

 

(「携帯電話」の方法は韓国の電話番号が必要なので、別記事でご紹介します)

 

 

ロッカーの中ほどにある↓この画面で操作して、決済まで進めて行きます^^

 

 

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

荷物を保管する手順

 

 

※ここから先、写真に液晶画面のうねりが写ってしまうこと、また、後方の光の反射を避けるため斜め写しになり、見にくいことをお許し下さいm(_ _;)m

 

 

 

①まず、言語を『日本語』にしてしまいましょう!

 

 

 

 

②『保管』をタッチします。

 

 

 

 

すると、使用可能なロッカーが「青+番号」で表示されます。使用中は「グレー」。

 

 

私はこの時、端の方を使おうと『次へ』をタッチしました。(最初の画面で全部使用中だった場合などにも、見てみて下さいね)

 

 

↓『決済する』とあるのは、操作画面のある位置です

 

 

③使いたい「ロッカー番号」をタッチします。

 

 

 

 

↓『ハッピーボックスは使い捨てアーカイブです』…ん?ちょっと日本語的に “??” ですがww

 

=『このロッカー(ハッピーボックス)は1回用の保管箱です』という意味だと思います。

 

 

④ともかく~内容を確認できたら『確認』をタッチ!

 

 

 

 

↑また、『⦿地下鉄の運行終了後には、物品を見つけることができません』とあるのは、韓国語では、預けた物などを「受け取る」のに「見つける」と同じ単語を使うので…「取り出しも不可ですよ」という意味でしょう。

 

 

見にくいので、上の画面の内容を書いておきますね。

 

 

■使用停止時間■

 

平日  1:00~5:00

土日祝 0:00~5:00

 

 

ちなみに、昼間あずけて、その日の晩 0:00(24:00) または 1:00を過ぎてしまっても、延長保管は可能です。

 

 

翌日の朝 5:00以降、取り出す時に、追加料金を決済すれば大丈夫ですので、使用料金の項目をご参照ください。

 

 

さて『確認』タッチ後、少し待つと・・・

 

 

 

⑤「暗証番号」入力画面に変ります。自分が記憶しやすい番号を考えて入力 します!

 

 

 

⑥確認のため、同じ暗証番号をもう一度入力します。

 

 

 

確認事項が出て来ます。ロッカー番号「25」で、基本料金は 2000ウォン(4時間)。

 

 

⑦そしてこの画面で、決済方法を選択です。

 

 

私は『クレジット/チェック』をタッチしました。【注意:現金払いはできません】

 

 

 

 

決済に使えるカードは「交通カード(T-money)」、「クレジットカード」、「チェックカード(=韓国の銀行発行のデビットカード)」となっています。

 

 

 

 

決済用カード端末機は、画面のすぐ右横にあります。

 

 

 

 

⑧カード決済します。

 

 

クレジットカード(またはチェックカード)の場合は、挿入口にカードのチップのある側を挿し込むか、挿入口のすぐ下にある溝にスライドさせます。

 

 

交通カード(T-money)の場合は、端末機の下の部分に “ピッ” と押し当てればOK!

 

 

スポンサーリンク

 

 

↑端末機の小さい画面にも、決済金額(2000ウォン)が表示されており、決済完了までの残り時間が出ています。(この場合はあと「51秒」)

 

 

60秒以内ですので、カードはすぐ使えるように予め準備しておくといいですね!(時間切れだと最初からやり直しです^^;)

 

 

決済完了後は、『ロッカーが開きますので、少々お待ちください』→『どうぞご利用下さい』的なメッセージが、続けて出て来ました。

 

 

⑨選んだ番号のロッカーが開けられるようになっているので、荷物をいれます!

 

 

 

 

私はこの時カードをしまったり、荷物もう一つと傘を手に持っていて、モタモタしてしまったんですが…

 

 

この扉、内側に引っ張られているので、パタンと閉じてしまいそうでヒヤヒヤでした^^;(誤って閉まったとしても、やり直しにはまた料金がかかります)

 

 

扉を閉じるまでの制限時間は特にありませんが…入れる荷物は、画面操作を始める前に、予めまとめておくのが良いと思います!

 

 

⑩扉が閉じると、自動的にロックされます。表示が「使用中」に変っていますね。

 

 

 

駅構内の構造が複雑だったり、何ヶ所かロッカーがあったりするので、念の為↓「ロッカー自体の記号(AとかB)」も覚えておくことをお勧めします!

 

 

 

 

見ていたら、韓国人でも↑この記号と、万が一の時のためでしょうね、保管する荷物の写真まで撮っている人もいました。(私はブログのために撮りましたけど)

 

 

あと、以前のロッカーは、決済完了時に領収書が出るようになっていたり、操作画面に現在時刻が出ていたんですけど・・・

 

 

今度のものは、時間は自分で見ておかなければなりません。

 

 

「ロッカーの記号」「保管したロッカー番号」「暗証番号」「保管スタート時間」――忘れないように、気を付けてくださいね(*^-^*)

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

荷物を取り出す手順

 

 

次に、操作画面を使って、荷物を取り出す手順です。

 

 

まずは、荷物を保管したロッカーに間違いないか、記号(A, B..)を確認してください^^(同じ駅でも、数ヶ所設置されている場合がありますので)

 

 

①最初に、画面を『日本語』に替えましょう。

 

 

 

 

②次は『検索』をタッチ。(なぜ “検索” なんでしょ?)

 

 

 

 

すると、ロッカーの使用状況が表示されます。今度は使用中が「青+番号」、使用可は「グレー」ですね。

 

 

私は25番に保管したので、『次へ』をタッチしました。

 

 

 

 

③荷物を保管した「ロッカー番号」をタッチします。

 

 

 

 

④荷物を保管する時に入力した、4ケタの「暗証番号」を入れます。

 

 

 

 

すると、すぐロッカーが開けられるようになります!

 

 

 

 

 

 

⑤荷物を取り出して完了でーす!!(表示が「使用可」の黄色に戻りました)

 

 

 

 

取り出しは、あっけなく終わりますねww

 

 

この時も、荷物を取り出す前に、なにかの拍子で扉がパタッと閉まってしまうと、もう一度同じ番号で「保管」からやり直さなければいけないので、ご注意を。

 

 

また、基本使用時間(4時間)を超えている場合には、操作画面に『追加料金を支払って下さい』との旨のメッセージが出るはずですので、保管のときと同様、カード決済して下さいね!

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

ロッカーサイズは?

 

 

…実はサイズ表記がなかったので、実際に測って来ましたww

 

 

以下はロッカーの外側の長さですので、中の空間は、これより各5cmずつは小さいと考えていただいた方が良いと思います!

 

 

なお、「奥行50cm以上の物品は保管禁止」と、表示がありました。

 

 

※単位はcm

サイズ 奥行 高さ
S 48 58 29
M 48 58 44
L 48 58 88

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

ロッカー使用時間は?

 

 

 

 

ハッピーボックスの運営時間は、

 

 

平日  5:00~翌1:00

土日祝 5:00~24:00

 

 

となっており、これ以外の時間帯は、使用不可(保管・取り出し共)です。

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

ロッカー使用料金は?

 

 

 

 

※単位はウォン

  4時間まで +4~12時間 +12時間 1日
    (1時間当り加算) (12時間当り加算)  
S 2000 500 2000 8000
M 3000 800 3000 12400
L 4000 1000 4000 16000

 

 

↑これはロッカーにあった料金表をそのまま書いたものですが、少し分かりにくいかもしれません。延長料金に関する説明としては、以下のようになります。

 

 

【Sサイズの場合】

 

4時間までは、基本料金(2000ウォン)

 

4時間を超えると、延長1~8時間までは、1時間ごとに500ウォン加算

 

延長8時間(計12時間保管)を超えると、12時間ごとに2000ウォン加算

 

この計算で、1日(24時間)の保管料金は、8000ウォンになります

 

そのまま延長した場合、2日目以降は、1日(24時間)当り4000ウォンになります

 

 

ロッカーを使用できない夜中の時間帯に掛かってしまった場合には、必然的にその分も料金が加算されます。

 

 

また、5日以上の保管は禁止されています。5日を過ぎると、荷物は取り出されて別途保管されます。

 

 

 

~地下鉄駅構内のロッカー、日本語で操作できますし、むずかしいことは何もありませんね!

 

 

決済で現金は使えませんが、クレジットカードかT-moneyなら、ほとんどの方が持っておられると思います。

 

 

必要なときには、ぜひ利用してみてください^^

 

 

▲目次にもどる

 

 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ