★元祖南山王トンカツ★大判韓国トンカツ!明洞と南山散策の間の腹ごしらえに最適!

この日は韓国人のお友達に付き合ってもらい、明洞でショッピング、夜はNソウルタワーに夜景を見に行くことになっていました。

 

 

友達から、南山には「トンカツ通り」という所があって、昼夜兼用で食べれるから行ってみよう!と言われて、ついていきました。

 

 

大通り沿いに、トンカツ屋が何軒も連なっていましたが、せっかくなら一番古いところがいいだろうと向かったのが「元祖南山王トンカツ(원조남산왕돈까스)」です!

 

 

 

※イメージです

 

 

 

明洞から、坂道を歩いて上って行ったので、結構体力がいりました^^;

 

 

最寄駅としては、4号線「明洞(ミョンドン)駅」②番か③番出口になります。ここから徒歩10分ほど。

 

2つの出口の間の道<右手にセブンイレブン、正面にパシフィックホテルあり>を進みます。

 

 

 

 

パシフィックホテルの、左手の道に入って行きます。

 

 

 

 

飲食店などが立ち並び、最初はゆるやかな坂。

 

 

 

 

上りきった部分は、かなり急になっていて、正面上方に「崇義女子大学」が見えるここに突き当たると、道のチョイスは2つ。

 

 

 

 

A. 右側の階段を上ると、急ですが短距離で到着します。

 

B. 左側に折れると、スロープのような上り坂を大きく回って行く感じです。

 

 

 

 

【Aから】ここで写真を撮る人たちもいました。

 

階段を上りきった所に店があります!

 

 

【Bから】坂の上側から見たところ

 

車道に出ます

 

道に沿って上ります

 

 

 

いずれにしても「元祖南山王トンカツ」は、トンカツ店がたくさん並んでいる通り(坂道)の一番下にあるので、分かりやすいです!

 

 

4階建てのビルで、白い大きな看板が目立ちます。

 

 

 

 

1階は数台置ける駐車場。階段をあがって、2階より上がお店になっています。

 

 

階段には、芸能人のサインがいっぱい貼られていました!

 

 

 

 

 

私たちが行ったのは食事時間帯と外れていたのですが、お客さんは結構入ってました。

 

 

<2階>ここでトンカツを揚げています

 

<3階>

スポンサーリンク

 

 

店内は、テーブルがぎっしり並んでいて雑多な感じ。庶民的というか、古い食堂という感じですね。

 

 

↓紙コップ…

 

 

↓最高の国内産豚肉と食材料を使っており、リモデリングも2回したそうです。

 

 

 

 

メニューは、写真がついたわかりやすい物があるので、注文には困らないと思います。

 

 

しかもあるのは、トンカツ4種類と、うどん(7500W)のみで、みんな王トンカツ(10500W)を頼んでいるようでした。

 

 

その他のトンカツは、辛い王トンカツ(11000W)・チーズ王トンカツ(13500W)・魚カツ(11500W)です。

 

 

↓これは壁にあるメニュー

 

 

まあ、注文時には、韓国語がわからなくても『ワントンカス』と言えば、全然通じると思います^^(なんでカツが “カス” と発音されるんでしょ?)

 

 

店員さんの接客は、韓国のアジュンマあるあるのぶっきらぼうな感じで、特に良くもなく悪くもなくといったところですね。

 

 

水、カクテキ、辛味みそ、ナイフ&フォーク類は、テーブル数分なく、空いたテーブルからそれぞれ時間差で集めてきてました。(←この順番に。実はトンカツ来たのにすぐ食べれなかったという>.<)

 

 

使い終わったと思うと、私たちが食事中でもぱっと他テーブルに持って行くし…なんとも韓国っぽいなぁと(^^;)マアイッカ

 

 

 

さーて、私たちが注文したのは「王トンカツ」!!

 

この店の名物を食べに来たので、他の選択肢は考えていませんでした。

 

 

最初に出て来たおかずは、青唐辛子・ポタージュスープ。少し遅れて、カクテキ。

 

 

 

 

カクテキは容器に入っていて、自分で食べられる量だけ小皿に取り分けます。

 

 

青唐辛子は辛くなくて、フルーツ感覚でかじれるものでしたね。トンカツの合間にかじるとさっぱりします。

 

 

ポタージュスープが、普通の浅いお皿に入ってきて最初何かわからず、ソースかドレッシングかと思ったのですが、友達がスープだと教えてくれました^^;

 

 

スープはほのかに味がある程度なので、お好みでテーブルにあるコショウをふっても良いかもです。

 

 

 

そして、トンカツが “デカイッ!!”

 

 

 

 

見たとこ直径 30cmはあるお皿に、どーんとのって来ました!

 

 

私が手のひらを思い切り広げたサイズより大きくて、びっくりして写真を撮ったら、“そんなにめずらしいの?” と、友達に笑われました。

 

 

真ん中付近は、縦に切ったたけでは長すぎて、長さを半分に切らないと、口に運べません。

 

 

 

 

最初からかかって来るソースは、日本のとんかつソースでもなく、もちろん味噌味でもなく…フルーティな感じ(*^-^*)!!

 

 

今まで食べた他店のトンカツより、ソースの味がしっかりしてました。辛みの刺激もないですし、日本人の舌にすごく合う味だと思います!

 

 

せっかく出て来たので味の変化にと、辛味みそを少し付けてみましたが、そちらもなかなかグーでしたよ。

 

 

また、お肉はやわらかで、歯ごたえもあって美味しかったです。

 

 

食べながら、友達に「日本のトンカツとは違うでしょ?」「どういう風に違うの?」と韓国語で聞かれ、答えに困ってしまいました。(韓国語が…汗)

 

 

 

 

見た目や味ももちろん違いますが・・・日本ではトンカツは和食なので箸で食べますけど、韓国では洋食とされているんでしょうね?

 

 

こんな庶民的な店でも、ナイフとフォークで食べるのが、私的には不思議感覚です^^;

 

 

食べ進めていくと、カツは上から見ると大きいですが、お肉の厚みがないので、量はそれほど多いというわけではないのかも…です。

 

 

↓長さを半分に切ってます

 

 

まぁ、でもこれが「韓国のトンカツ」なんですよね(^▽^)♪

 

 

ソースの掛かっていないわずかな部分から、元の衣がサクサクなのもうかがえました。衣が多い割には、まったく油っこくなくて、後味も良かったです!

 

 

でも、50代女性のお腹にはかなりのもので、私はお肉を2切れほど残して、ご飯はほとんど食べられませんでした。

 

 

ちなみにご飯は、写真でも分かるように、カツと同じプレートに本当にほんのちょびっと盛られてくるだけです。

 

 

でも、まともにご飯があったら、とても完食は困難かと・・・(^_^;)

 

 

他のお客さん(韓国人)が出て行ったあとのテーブルを見ても、かなりの人がトンカツ数切れ残しているように見受けられました。

 

 

男性たちでも、ご飯(1000W)を追加で注文している人はいなかったです。(私たちが店にいる間は…)

 

 

 

ともかく私としては、これまで食べた別のトンカツ屋と比べると、甘みのあるソースがべったりしっとりかかっているところが好みでした♡(その分サクサク感には欠けますが)

 

 

何より日本人ならきっと、ここの大きなトンカツをみたら、驚いて喜ぶと思うので、次に日本人の友達と旅行に行くときには、ぜひまた行こうと思います!

 

 

↓南山トンカツ通り

 

 

大判トンカツでお腹を満たしたあとは、坂を少し上って、ロープウェイで南山の頂上に向かいました。

 

 

↓ロープウェイ(韓国ではケーブルカーと言います)乗り場

 

 

明洞⇔南山タワーは、観光コース的にも王道だと思うのですが、その際にはぜひ!お腹をすかせて「南山トンカツ通り」に行ってみてください!

 

 

たくさん店が並んでいるし、客引きもあるので、特にこだわらないなら、どこに入っても味はほとんど一緒だと、お友達は言っていましたけど…>.<

 

 

私としては、同じ行くのならまずは一番歴史が古い、この「元祖南山王トンカツ」をおすすめします!!

 

(情報提供♡NT♡)

 

 

元祖南山王トンカツ(원조남산왕돈까스)

 

住所

ソウル特別市 中区 芸場洞 8-53

(中区 小波路 107)

 

電話番号 02-755-3370

 

営業時間

10:00~22:00

年中無休

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

応援お願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
管理人プロフィール

管理人: ピンナ

私は今、韓国のソウルに住んでいます。

現地住みの特権を活かし、ソウルに旅行に来られる皆さんに観光情報をお届けしようと、このブログを立ち上げました。

旅行出発以前の基本情報からスタートして、主に季節のイベントやグルメ、お得な情報をお届けしています。

基本情報も、変更点があれば随時お知らせ中。

どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
最近のコメント
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ